半可通
カテゴリ: 未分類
様々な分野でディジタル化された機器が満ち溢れている。
特に画像の分野は画素数を競う開発にシノギをけずり、一眼レフでは2000万画素のデータ処理が話題にもなり始めている。アナログに比べ、データ処理の簡単さ、丈夫さに優れ、その便利さは比較しようもないが、改めて考えると面白い動きがある。
画素数を高めるということは、より実像に近づけることにほかならない。微妙な陰影、色具合が画素数を上げることで実現できるわけだが、何のことはない、元々のアナログ画像に如何に近づけるかである。アナログ→ディジタルの開発志向がアナログ→ディジタル→アナログを目指すものであれば、なんかわざわざ遠回りしている感があるのは、素人考えだろうか。
スポンサーサイト
編集 / 2009.02.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
これだから何時までたっても
カテゴリ: 未分類
サムスン経済研究所が日本の所謂団塊の世代を誘致して技術力向上を
と提言した。またもや手っ取り早い方法ときた。どうも韓国人は技術の本質を根本的に理解できないらしい。ある製品を作るのに必要な技術を仮にAとする。Aをマスターすれば製品は模倣できる。今の韓国経済を支えている、電子部品、家電商品を見れば判るが。次に市場の要求から新製品を開発しなければならなくなった時、先ほどのAなる技術では困難となり、全くの新技術が必要になる。折角取得したAをいくら弄くろうが、所詮Aの亜流しか生み出せず、従って魅力ある新製品は生み出せない。実はAなる技術が生まれるには、何代にも遡るA1・・・・AXなる基礎技術があって今のAがあることを韓国人は理解しない。食用に適した果実を得るには、土壌改良、肥料の工夫、何代にも渡る交配の歴史があるのだが、目の前の完熟した果実を得たいがために、結果だけの技術に目がいってしまう。これでは、次第に痩せる土壌からくる病害に会うのは明らか。明治時代、日本は外国人を教師として招聘し、学んだが元々徳川幕府の鎖国政策のお陰で、国内には自立再生なる土壌があり、しかもその土壌は民族の気質もあり、極めて栄養に富んだ、種さえ蒔かれれば何時発芽してもおかしくない状況であった。発芽し実が実れば万事目出度しで終わってもおかしくなかったのだが、先人達は何故発芽したのか探ろうとした。先進技術発生の根本をである。其処には表面的な技術論ばかりではなく、他民族を理解しようとした貪欲さもあった。
日本と韓国ではその置かれた地政学的な環境の差もあるが、表面的な技術の模倣に走ろうとする民族の気質の差はいかんともしがたい。
仮に、所謂日本の団塊の世代の技術者を招聘し、学ぼうとするのならば、まず、謙虚さが求められる。かつての文化の伝承者たる民族の誇りを持つのは一向に構わないが、既に立場は完全に変わった事をどのくらい覚悟できるだろうか。日本人技術者の技術と理念を学び取ろうとするならば、彼等が持つ誤った誇りを捨て去る覚悟が必要なのだが無理だろうな?影でこそこそ袖の下を握らせ、週末韓国、日本を往復させ、技術を習得したことも多々あったらしいが、それは技術の盗用という。国家政策として堂々と正面から挑むべきではないのか?今の整形大統領には望むべくもないが、民族の誇りを前面にだし、それでも礼儀正しく対応した故朴大統領の再来に期待するしかないのかな?
編集 / 2007.02.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
戦々恐々
カテゴリ: 未分類
メーカは辛いだろうな、ガス器具会社は。パロマに端を発したガス器具による死亡事故はリンナイでも。誤解を受けるのを承知で言うが、「形有る物は壊れる」。安全に100パーセントは無い。メーカの技術力もあろうが、様々な使い方をするのが消費者なのだ、いくら注意書きのラベルを貼ったところで。身の回りを見ろよ、絶対安全な物ってあるか?
普段食事に使う瀬戸物の茶碗だって、永年使っていれば壊れるだろうし、洗い物中に欠けた端っこで指を切り、おもわぬ病院通いだってあるわけだから。問題はメーカがリコール騒ぎによる経営悪化を考えついつい保身にはしり、これは偶発事故なんだと自分だけに言い聞かせ、その場しのぎをするからだろう。車のリコール騒ぎも、結局いくら品質向上に注意を傾けても、形有る物は壊れるの例えどおり、予期しない事故は発生するし、今後も発生するだろうとの考えから、大きな社会問題となり会社が傾くのを防止する予防策であろう。物造りはリスクを伴うものなのだ、経常利益がどうの、株価がどうのといっても、全てそれらリスク込みの利益であり、株価と考えるならば、下手に隠すよりも、速め速めに公表し、不幸に見舞われた遺族には充分な償いをするしかないだろう。いつばれるかと戦々恐々とするよりも、よっぽどましだとおもうが、未だ新聞沙汰になっていないメーカも今の内だよ?仏の顔も三度って言うし。
 
編集 / 2007.02.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索