スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
今更スパイっ?
カテゴリ: 政治
元々、親北朝鮮の政党にスパイ疑惑発生、逮捕、釈放デモ、捜査最高責任者の更迭、何を今更。国家機密情報ったって、金大中時代から漏れっ放しのうえ、「反米で何が悪い」の整形大統領の下では、何があってもおかしくない。これじゃ米国が信用しないわけだ。どうぞ好きにしてくれ。但し、日本に害を及ぼすなら覚悟が必要。
スポンサーサイト
編集 / 2006.10.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
市民団体と同和
カテゴリ: 政治
奈良市の問題公務員(もう直ぐ懲戒免職?)とある種の市民団体には共通点がある片方は同和、もう一方は権利ばかり主張の左巻き集団。両者とも、発言の自由が認められているにも関わらず、自分達への言論での批判に対し、あるときは、大声での恫喝まがいを集団で関係者は勿論、時には身内までも抗議活動を受ける事がある。自分達の権利の領域はびた一文譲らないくせに、他人には非常に非寛容。電話、FAX等昼夜を問わず、抗議活動を続ける。勿論発信者は明確ではないため、届出を受けた司法機関も手を拱いているのが実情。抗議をするのであれば、公共の場所で、正々堂々と行えばいいのに、正統性に自ら自信がないのか、影で陰湿に活動する。今回の奈良の公務員の場合、関係者は、執拗な抗議活動を予測し、当たり障りの無い対応を市側はとったと思うが、実際の両者の抗議活動を経験した者にすれば、無理からぬところもある。が見逃し続けた責任は重大である。
編集 / 2006.10.29 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
見上げたもんだ公務員の鑑
カテゴリ: 政治
右ひざ関節炎、一過性虚血発作、多発性神経痛、左ひざ関節炎、椎間板ヘルニア、背部神経痛、左坐骨神経痛、右坐骨神経痛、左ひざ内側の側副靭帯損傷、過敏性大腸炎等等14種類、これだけの病歴を抱えながらも、職務復帰のため、42歳の若い身空で5年9ヶ月に及ぶ闘病生活を送るとはまさに公務員の鑑であり、国民栄誉賞に充分値する・・・・な訳ないだろっ?よくよく見るとこの病歴、決して外見では判らないところがミソである。全て患者自身の申告であり、医者が仮に疑っても、患者自身が強く症状を訴えれば通用する病気である。直ったかどうかも患者の申告次第。処方される薬も殆んどが外科用であり、症状により薬を様々調合する内科系の病気でないのが、頭脳犯、確信犯である。医者も医者だが、それはさておいて、職場の規律を維持する責任がある上司の責任も大。
編集 / 2006.10.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
偽ドル札
カテゴリ: 政治
戦時には敵側経済混乱の手段として偽札を作るのは、よく聞く話ではある。偽札で敵側の物資を獲得するよりも、国民生活に通貨不安をもたらし、後方を攪乱するのが目的である。それがよりによって、平時に経済的利益を目的に、国家レベルで偽札を作るとは、北朝鮮をもって嚆矢とするものであろう。一国が自国の通貨価値を防衛するため、威信をかけ追跡調査し、ある国を特定することは、例えならず者国家とはいえかなり高度の政治判断を要する。それをアメリカは断定し発表したが証拠が証拠がとほざく整形大統領の韓国はどう受け止めたのだろうか。証拠と言ったって偽札に北朝鮮の発行印があるわけではない。紙の材質、インクの成分分析、印刷機械の販売ルート等様々な状況証拠を積み重ね特定に至ったものであろう。偽札作りは決して儲からないと聞くが
北朝鮮は、お得意の瀬戸際作戦で政治取引で決着を図れると考えているんだろうか。核問題は突き詰めていえば、核保有国の身勝手さの部分もあり、政治決着の余地もあるが、偽札は論外だろうな。さあ、どうする?金正日よ。
編集 / 2006.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
やっぱし評論家党首かあ
カテゴリ: 政治
「常識が有る人は、日本が攻撃される恐れとは思わない」これが、政権を目指す野党民主党小沢代表の言葉である。もう終わったね、小沢さんよ。この台詞が次のようであれば、少しは考えてもと思ったのだが。「常識が有る人は、日本が攻撃されるとは思わない」 違いは「恐れ」である。 常識的には攻撃されるとは考えにくい。しかし、内閣、政府の最大の仕事は、国民の安全確保である。常識が通用しない相手だから、日本に不法入国してまで拉致なる国家犯罪を犯したんじゃないか。又、米国相手に、外交交渉の裏で核開発を進めたじゃないか。実績があるんだよ、これでもまともな国と思うか?非常に低い確率であろうと攻撃の恐れを心配し、対策を講じるのが、時の政府の最大の責任である。それを「恐れ」さえ感じないのであれば、小沢さんよ、政界引退だよ。
編集 / 2006.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ほーら、飼い犬が
カテゴリ: 政治
北朝鮮の祖国平和統一委員会(北の意のままに統一したい委員会)は韓国が国連の経済制裁に加担するなら相当の措置をとると恫喝しはじめた。しかしなんだね、北朝鮮の発信する声明、談話はプロパガンダの鑑だね、皮肉じゃなく日本もせめて1%でも見習いたいものだ。
理性を失い・・・
反民族行為・・・
南北関係破局・・・
挑発行為・・・
どの言葉も、受け取る側はどっちが?と返せば充分。しかし良く言うよなあ。今まで散散貢いで貰いながら、しかもこれからの一番大事な金蔓を脅かすとは、たいしたもんだと同時に、韓国は完全に足元を見られている又最後の締めの文句が素晴らしい。「南北間の協力事業はどちらか一方のためではなく、共同の利益と繁栄のためのものだ」どうする?韓国。相手はとうとう「民族共助」を持ち出したぞ同胞として涙を誘うよな?
編集 / 2006.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
なんだかなあ
カテゴリ: 社会
法律上はそうなんだろうけど、誘拐罪とはなあ。小六の少女と31歳の男。図柄的には、男がだまして、無理やり少女を連れまわした風に見るべきなんだろうが、なんかなあ。メールで知り合い、わざわざ親に嘘をいい、駅まで送らせ、親の帰るのを見届け、男の車に乗り込む。男には充分下心はあったんだろうが、少女は少女で別な意味で下心があったんだろうと思う。未成年者は罪に問えないが、それでも、小六の少女とはいえ、男を手玉に取ったように思えて仕方が無い。
編集 / 2006.10.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
みせかけ
カテゴリ: 政治
韓国が開城工業団地の労働者に払っている金額月当たり約60ドルだという。しかし労働者が手にするのは、搾取搾取のあげく約10ドル。おりからの核実験に対する国連決議を受け、このままではまずいとおもったのか、今後は労働者に直接払う事を、しかも今頃検討中だという。見え透いたことやるねえ。人道の名の下に、国連機関が支給する食料さえ、国連職員が引き揚げるや否や、夜には没収である。それなのに、賃金を労働者に直接渡すだと?冗談も休み休み言え。こんな便利な金蔓を金正日がほっとく訳ないだろうに。形は直接だろうが、結局手にする賃金は変わらないことくらい常識。こんな見得見得のことしても韓国政府は貢ぎたいのか。
編集 / 2006.10.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
もうとっくに崩れてるよ
カテゴリ: 政治
韓国の外務次官がまたもや能天気な発言。

「日本が核武装するとこれまでの平和構図が崩れる」
「制裁はいいが、北朝鮮が6ヶ国協議へ戻るように手加減すべき」
もうどうしようもないな。北朝鮮が核武装しても形ばかりの抗議でお茶を濁し、日本が核武装の議論をしてはどうかと提案しただけで、平和の構図が崩れるだと?何を寝ぼけてるんだ、とっくに崩れているよ、しかもあんたがたの手助けで。崩れたから再構築のため、どうしようかと議論しているんじゃないか
制裁に手加減だ?ボケ制裁が厳しいかどうか判断するのは、外野ではない、当事者たる北朝鮮だ。そんな及び腰で制裁になる訳ないだろう。この韓国の次官の発言、なんか聞いたことがあるなと思ったら、何と我が日本国のジャーナリストの鑑、朝日新聞の論調ではないか。さすが朝日新聞、今日あることを見越し、はやばやと予言社説とはしゃれている。
編集 / 2006.10.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
自己弁護の極み
カテゴリ: 政治
太陽政策は成功したが、完全な成功に至らなかったのはアメリカに責任がある。金大中元大統領の発言である。典型的な半島人の思考、発言というより彼らの常套句の妄言である。私は、我々は、我が国は、我が民族は悪くない、相手側が悪い。気楽でいいよな、責任転嫁で事足りればもし、成功したのであれば、今ほどアメリカと対立する前に、少なくとも数ヶ月以内に外交の慣例で金正日が訪韓しなかったのは何故なんだ?多忙?理由にならん。手に入れるものが入ったから用無しになったんではないのか?再々の訪韓要請になしのつぶて、更には、どうしてもというのであれば、更なる手土産が条件だったのではないのか?今更ながら韓国民の中から太陽政策への批判、過度の善意に対する疑問が出始めたが、後の祭り。結局政治のアマチュアが机上の理論で組み立てた妄想に浸り、幻を追いかけた結果であり、現在進行中の混乱の淵へまっしぐらの道を突き進んでいる。整形大統領しかり、統一という見果てぬ夢を捨てきれず、現実を見失っている。東ドイツとの統合を成功させたドイツに習おうとしているみたいだが、条件が違いすぎる。片や共産主義ながら、現実的な政策運営国家、こちらは、何とも形容しがたいカルト国家である。人間、生活レベルを落とすのは、大変な決心を要する。韓国民の大多数が覚悟の上であればよいが、そうは見えない。韓国経済の根幹は日本との関係無くしては成り立たない。工業輸出品にしても、キーデバイスは日本から輸入というアキレス腱があるように、単なる加工貿易国家に過ぎない、つまり、体力が無い。あの西ドイツさえ、予想外の東ドイツのインフラ整備に、国が傾きかけたほどである。ただ幸いなことに、周辺諸国の充分な援助で事なきを得たが、韓国は出来るか?当てに出来る周辺国はあるか?日本?とんでもない。日韓平和条約締結時北朝鮮の分も寄越せといい、分捕ったではないか、韓半島唯一の合法国家の名分で。金大中元大統領は、自国の過去には目をつぶり、日本が北朝鮮と国交回復時にあるだろうと見当付ける経済援助を、歴史問題で再び日本を揺さぶり、せびる腹づもりとの報道もある。南北分断の責任は日本にあると称して。冗談ではない、そもそも国家分断の責任は一にも二にも韓半島自身にある。先を読めない、国家運営が出来ない事大主義の自らの先祖に責を求めるべき福沢諭吉が共に興国の道を進もうと進言したのに無視し、清国の顔色ばかり覗っていたその総決算が南北分断である政治家が自らに都合の良いように歴史問題を取り上げる時代は終わったこのIT時代、必要な知識はいくらでも得られる(嘘と真実)けしつぶよりも小さい当ブログを書く私でさえも、学校で学ばなかった近代史(特に中韓がらみ)を間違いも含んでいるだろうが、この世界で知識として得ることが可能なのだ。自国の不幸を全て他国のせいにしていては、今以上の国には決して成りえないアジアは広い。中韓ばかりではない。既に遥か西の民主主義国と手を取り合う姿がもう目に入っているのでは?リップサービスで「重要な隣国」と政治家はいうが、少しづつ距離を置き始めていることに気付いて欲しい。
編集 / 2006.10.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
市役所職員と産科医
カテゴリ: 社会
なんと皮肉な事か。同じ奈良県で不自然な病欠を繰り返す複数の職員に満額の給与を支払い、月100時間超の病院勤務の産科医に超勤手当ても払わずしかも老朽化した設備で医療行為を続けさせる、まさに好対照の対応。一体市の監査委員は日頃、何を調査、監査しているんだ?同じ公務員同士、口うるさく、厄介な団体がらみの職員には目こぼし、体力の限界以上の勤務医は無視。マスコミ報道前には実態を把握してなかったとの言い訳は結構既得権の上に胡坐をかき、「公務員は気楽なものときたもんだ♪♪」と嘯く輩をを即刻懲戒解雇にし、浮いた人件費、名目だけの諸手当てを廃止すれば、産科医の境遇改善、最先端医療器具の配備など、簡単ではないか。いまや郡部での産科医の急激な減少とは反対に、都市部での開業が目立つ医療事情、しかし、奈良市は都会だよな?最新の医療技術の入手が比較的可能な都会にもかかわらず、この有様。直ぐに「手当て」しろよ今から実態を調べて等良い訳無し。
編集 / 2006.10.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
充分な議論って?
カテゴリ: 政治
事が重大であればあるほど、緊急で有ればあるほど、政策の決定にはスピードが要求される。隣家で火事があれば、緊急持ち出し書類を携え避難するか、少し時間的余裕があれば持ち出し可能な財産を運び出す等臨機応変にすることがある。ところがこの火事騒ぎの最中に「充分な議論を」と唱える輩がいる。ま、火事騒ぎはさて置いて、彼等が言う「充分な議論」は何を意味するのだろうか。議論は双方が問題点に対処する方法について、主張し、問いかけ、妥協点を見出し結論を得る手段であるはず。中にはどうしても譲れない論点もあろう。しかし目前の問題点に対し、何らかの結論を出す必要があるときは、反対点を併記しつつ多数決で決定するのが普通の国のやりかたであろう。しかし、自己の主張が織り込まれていない場合、朝日を始めとする左巻き連中は、自分の主張が通るまで「議論」を要求する。時間切れで多数決に採決が付されると「議論が充分でない」と駄々をこね、あげくのはてには、保守勢力の横暴やら議会制民主主義の否定やら、非難のしまくり。過去何回繰り返されたことだろう。今、国会で審議中の核問題もしかり。早急なる制裁手段を実行すべき時、神学論争が繰り返され、敵を利することこの上ないのに、輩の言う「充分な議論」に嵌りつつある。自己の主張が充分に、あるいは殆んど反映されるまで議論を要求するのが明らかなことから責任政党として断を下すべきである。時間がないんだ。
編集 / 2006.10.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ったく、韓国人は
カテゴリ: 政治
ラムズフェルド米国国防長官と会談後、共同記者会見に臨んだ韓国の国防長官、聞き取りづらい声で、堂々とのたまったものだ。曰く、北朝鮮は再度の核実験はしないと発言したと私は認識していると。嘘コケ。何が認識だ、単なる夢想だろう?、現にライス国務長官は否定しているじゃないか。嘘でもいいから何とか目の前の同胞の困窮を救おうとしたか又は、嘘の情報に踊らされたか。それこそ、半島人の拘るメンツ丸潰れじゃないか。どう取り繕うつもりだ?一方、麻生外務大臣と会談した整形大統領は日本の軍備増強が心配だとぬかす。一体こいつらの頭の中はどうなってんだ?一人位まともなのはいないのか?日本は必要に応じ、軍備増強もするし、制裁もする。それの何処が心配なんだ?元をただせば、手前らが太陽政策とやらで、貢いだ結果だろうが。なんと韓国人はスバラシイ宇宙人を大統領にえらんだものだ、オメデトウ。
編集 / 2006.10.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2件目を思い留まったからといって
カテゴリ: 政治
世の東西を問わず、強盗は重罪である既に一件目を実行し、面も割れ指名手配されているのに、マスコミを通じ、2件目の強盗を宣言し、機をうかがっていた。そこに一癖も二癖もある仲介人が登場し、どんな密約があったのか知らぬが、強盗から2件目はやらないとの言質をとったのだが、自首はしないという。そこで仲介人は世間に言う。再びやらないというのだから、既に犯した罪も少し考えてあげようではないか、折角悔恨しているのだから、これ以上追い詰めて、自棄になって事を起こせば、今以上に被害がひろがり、皆迷惑する、どうだろうこの辺で、手打ちと言う事では?世間の大多数はとんでもないと言う、2回目云々ではなく、強盗自体が重罪なのだから、罪に服すべきであると。そこに仲介人と一脈通じた桜が登場仲介人の折角の尽力で事が収まりそうなんだから、もう一度考えてやろうではないか、彼も生活に困り犯行に及んだのだろうが、改心の気もあるし、許してやろう、ついては、生活資金を皆で恵んであげようではないか。と言葉巧みにアジ演説を打つ。更に第二、第三の桜がそちこちでアジまくり、いつの間にか世間は桜になびく。なんかこんな下手な猿芝居が進行しそうなニュースが北朝鮮の核問題で伝えられ始めた。仲介人が誰で、桜が誰かはご想像にまかせるが、ふざけるなといっておく。
編集 / 2006.10.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
その場しのぎと言うけど
カテゴリ: 政治
あんたねえーー、その場しのぎと言うけど、誰の所為か判って言ってるのか?恒久的、根本的対策は取りたくても、日々刻々事態は動いているんだよ?国の安全に関わる事、全て反対し、誰が日本を攻めようとしているのか、とか、仮想敵国の名を言えなどと、議論を片っ端から潰し、内閣、政府の政策潰しにばかり、精力を傾け、肝心の国家非常事態対処法の議論すらまともに向き合ってこなかったではないか。今の事態を真剣に考え、国民の安全を考える党ならば、国会の党首討論の際、自民党をしのぐ具体策を逆提案すべきではなかったのか?民主党小沢代表自身がその場しのぎの討論で、時間つぶししているでは」ないか。2大政党が聞いて呆れるよ、冗談もほどほどに言え、政権など未来永劫手に入るものか、国民は見ているんだよ。
編集 / 2006.10.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ヨバンとヨンバン
カテゴリ: 社会
個人的には何の恨みつらみはないけど、長年頭の片隅ですっきりしない野球の話題が、最近見かけた何方かのブログで氷解した。巨人の4番は文字どうりの看板選手であり、様々な選手が王、長島、古くは川上他の選手が座ってきた。東海大から原選手が入団し、しばらくするうちに4番を打つようになったが、何かしっくりこなかった。数字的にはそこそこの実績を残し、ホームランもそこそこであったのだが、例のブログ作者によると、王、長嶋の数字と比較すると、やはり違っていたのだ。だから私は王、長嶋は4番(ウグイス嬢風に言うヨバン)
原は4番(単なる順番のヨンバン)
これって皮肉かなあ。
編集 / 2006.10.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
極めて身近な安全保障
カテゴリ: 社会
たまには目先を変えて。
ある巨大施設の設備管理を担当し一ヶ月。最初は、こんな物か、次に、ちょっとなあ、更に、ん? 最後に、おかしいぞ?全て人間の安全に関わるトラブルの時系列的対応に関するその時の感想の一言である。最初は、前触れも無く集中監視盤の指示計が動いた事。一瞬ではあったが、たまたまそこに視線を這わせた目に飛び込んできた、しかしアラームは鳴らない。メモする。しばらく注視したが再現せず。結局その日は夜半まで異常なし。機械だからたまにはこんなこともあるか、「こんな物か」。翌朝、申し送りで前日のトラブルのその後を聞いたが、後任者からは何も無かったとの発言。昼頃、突然停止のアラーム。現場に駆けつける。確かに運転中止状態。扉を開け確認するも、運転中止の赤ランプの点灯以外異常なし再起動する、運転始まる、順調に経過。しかし最前のアラーム、気になる「ちょっとなあ」。席に戻り、運転日誌に記載間もなく再び運転中止「ん?」再び現場確認。最前と同じ、運転中止の赤ランプ点灯だけで他は異常なし。今度は念には念を入れ、関係箇所の指針を全てチェックし、運転中の動力部の保護カバーを外し確認するも、いたってご本人は元気そのもの。回転むらも無く、異臭も温度上昇は勿論、異音もなし。そこで最後の一言「おかしいぞ?」エレベーターで集中管理室に戻り、ドアーを開けた瞬間、アラームくそー。再々の上昇。機械室を開けたら音無し。但し、金属が焦げ付く異様な匂い。保護カバーを開ける。うーん開かない。安全カバーの端が少し変形している。場所を替え、大型ドライバーを差込思いっきりの力でせーのっとこじ開ける。あらあらあらーーーーーー何にも無し。軸受けに乗っているはずの軸が無い。下を見たら、パチンコ屋の裏舞台状態ベアリングの玉が散乱し、曲がった軸が煙を上げている。シンジラレナイ、シンジラレナイ、見なかったことにしようかと一瞬思ったがそうもいかず、取りあえずブレーカーを落とし、混乱した頭のまま管理室へもどる。上司へ電話連絡。しかし上司状況つかめず、頓珍漢な質問のあめあられ何で上司の机上のノートパソコンの電源を今、確認しなければならないんだ?機械室とは何の関係も無いぞ?ポットの温度?何の事だ?ちゃんと沸騰し、今は保温状態だよ、それがなにか?机の鍵?いつも自分で持ち歩いているだろうに、有った?よかったですねと合わせる俺。背後で先輩が外出先から戻ってきた音、あわてて電話を耳から離し、相手は何か喚いていたが切る、断固として切った。手に汗をかいていた。怪訝そうな先輩に状況説明、黙って聞いていたが話しの区切りで、席で待つようにとのあと、エレベーター方向へ悠然と歩き出した。しばらくして戻ってきた先輩「とうとう逝っちゃったか」数年前、定期メンテナンス契約を解約した時、今日あることを進言したが、聞き入れられなかったとのこと。専門家でない先輩連中が知恵を絞り、出来る範囲で手入れしてきたこと、年間メンテ契約はわずか20万円足らず、新品交換すれば、百万単位になること、無念そうに語ったついでに上司が帰ってきたら責任転嫁が始まるぞとの予言は見事的中何を日頃監視していたんだ?、予防的に策を講じるのが仕事だろ?予算は無いぞ?言いたい事を言うと、本社へ飛んでいった顔を見合す先輩と俺。幸いと言うか壊れたのは、広い廊下のみを受け持つ冷房フアン。今の季節無くたって構わないし、夏だって廊下にずっといる人間も居ないし、どーって事は無いが------.まてよ、年間メンテ契約を打ち切ったと言う事は、常時24時間人の居る場所の冷房フアンは???知るか。
編集 / 2006.10.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
気懸かりな事
カテゴリ: 政治
今の北朝鮮状況を考えると、日本国家としての対処法は今の生温い種々の法律を変更し、憲法まで変えないと対応できないことは、先の国連決議に伴う制裁手段を実行するにあたり、問題だらけであることは明らかである。であれば、即急に法改正し実行すべきものであるが、政府のやることなすこと悉く対抗策のないまま反対ばかりの野党に話合いと称する誤魔化しに時間ばかり取られ不完全でなおかつ泥縄的な法解釈の実現がせいぜいだろう。それを、同盟国に恥かしくない極めて普通の行動のためには、先に述べた法改正しかないわけだが、それを自民党単独(おそらく公明党は反対)で議決に持ち込むと、一部野党の良識ある議員を加えても、ぎりぎり?通るかかどうかだと思うが、仮に法律が成立しても、次の選挙は国民に永年刷りこまれた、平和主義の観念論に今の自民党は敗れるだろう。野に下り、へたすれば、差し障りのある言い方だがその日暮らしまで身を落とす覚悟が、今の自民党にありや?そもそも政治家というのは、職業なんだろうか。糊口を凌ぐ手段に違いないのだが、職業といえるのか?上手い表現法が見つからないが、本来職業というジャンルを超えたものではないのか?国の運営に身を賭して尽す、その代償として暮らしに困らない何がしかを受益者たる国民が差し上げる。綺麗ごと過ぎるが、なにかというと、やたら二世議員の多い国会。世間一般の暮らしを知らず、父親の秘書からの転進が多い今、彼らが国会議員を辞めたら、凌ぐ手段があるんだろうか全身全霊をを傾け、身を賭してと聞こえのいい言葉を使う輩が多いが、本気だろうか。単なる修飾語だろうな。安倍総理にしても一時神戸製鋼に居たとは言え、似たもんだろうな。糊口を凌ぐ主な手段であれば職業であるし、簡単に辞めることはできず、本気で身を賭すとは言えないだろう。しかし事はそこまでの重大性があると認識している議員がどのくらい居るんだろうか。はなはだ疑問である。戸口にたち、恵みを受けようとも、志として国の経営にそれこそ身を賭す議員はいないものか。
編集 / 2006.10.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
これこそ下らない議論
カテゴリ: 政治
国連の制裁決議にもかかわらず、二回目の核実験を北朝鮮が実施?と情報が流れている中、国会では実に下らない議論の真っ最中。周辺事態法の解釈だとさ。

参考までに周辺事態(wikipedia)より引用する。

かいつまんでいうと、日本周辺で起こる以下のような事態が周辺事態の例としてあげられる。
1. 武力紛争が発生している場合
2. 武力紛争の発生が差し迫っている場合
3. 武力紛争は停止したが、秩序が回復していない場合
4. ある国の政治体制の混乱で大量の難民が発生し、日本への流入の可  能性が高い場合

5. ある国の行為が国連安保理で平和への脅威と決定され、経済制裁の  対象となる場合

6. ある国で内戦が発生し、国際的に拡大する可能性が高い場合
この法律立法時、周辺の定義やら、下らない重箱の隅論争が思い出されるが、反対のための反対論はいつもの事だが、本質を離れたことばかりに多くの時間が費やされる。本質は、日本に害を及ぼす紛争に対し、どういう対抗手段が打ち出されるのか、可能なのかがポイントなのに、あくまでも反対の原則を持った政党は本質論は避け、骨抜きを図る。なぜなら本質論に対する対抗策を示せないから。国の非常事態対策を怠ってきた付けが今、まさに目の前に突きつけられているのに、観念論の平和主義者は論点をぼかし、口をにごしている。何かと言えば
「話し合い」
と言うが、もうすぐ向こうの街角を銃を持った暴漢が現れる可能性大なのに、腕組みをし、どうしようかと悩んでいる、漫画である。その場凌ぎの策ばかりにうつつを抜かし、面倒な野党対策を避けて来た自民党の失政であり。今は考えてから走る時ではない、走りながら考える時である。難癖ばかりで反対のための反対論争の民主党など、ほおって置け。次の選挙で負けたっていい国の生き残りのためには、内閣、政府などいくらでも作り直しができる。感情に流されやすい多くの国民は、政府の暴走気味の行動におそらく反対票を投じるだろうが、将来、あの時、行動していればとの悔悟の念を覚えるよりは、今、最善と思える政策を実行するのが、与党自民党の勤めであり、義務である。


編集 / 2006.10.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
いつまで日陰者?
カテゴリ: 政治
19日asahi.comの社会面のニュースで「市街地を武装自衛官300人行進 住民騒然 高崎市」と9月末の出来事をおどろおどろした見出しで報じたが、記事内容と大きくかけ離れた見出しである。訓練の一環として演習帰りのコースに市街地を選んだだけで、通勤ラッシュを避けた時間帯、しかも几帳面にも所轄署の道路使用許可を取った上での出来事。
なにが、住民騒然だよ。道端の子供が怯え泣き喚き、急いで飛び出した親がひしと子供を抱きしめ家に連れ帰る、町内の犬が一斉にほえ始め、何事かと裸足で飛び出した住民の前を、野戦服姿の自衛官が通り過ぎる、てなことを想像させる見出しではないか。そりゃ、普段見かけない野戦服姿の集団をみれば、電話で問い合わせぐらいするだろう。それだけの話を、ここまで記事に仕立てる、朝日の偏狭さ、始末に終えない。朝日がご贔屓のあの社民党さえ、自衛隊容認論を便宜的とはいえ打ち出したんだぜ?この何処にニュース価値があるんだ?いってみれば、朝日にとり疎ましい存在に対しては、針小棒大に大騒ぎの悪癖。贔屓の客(中韓、北朝鮮)の不埒な行いには頬かむり、ご都合主義もいいところ。
編集 / 2006.10.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
言論封じ
カテゴリ: 政治
仕事が立て込んで、しばらくぶりにPCにスイッチオンです。
普段、言論の自由と、個人の権利を事あるごとに主張する立場の者達にとり、中川政調会長の発言は対象外であるようだ発言した内容を批判するのなら兎も角、発言自体がけしからんと言う。これが言論妨害でなくてなんであろうか太鼓を叩き、一心不乱に呪文を唱えさえすれば、望みが適うとでも思っているのか。全部ではないが、ある場面に於いては、核抑止論は有効である北の凶我国は実際に使うかもしれないし、持つ事により、相手を牽制することにもなりそれなりの計算で行動している。なのに、まるっきし丸腰のわが国では、事ここにいたっても、「制裁に前のめりになるな」と無責任な言論を主張する朝日。相手を牽制するのに、何も現物を持つまでも無いひょっとして既に持っているのか?と考えさせるだけでも良いのだが。その言論封じの仲間達に共通するのは、臭い物に蓋、見ぬもの清しの現実回避だけである。それこそどこかの識者が、「そんな主張する者達の上に、テポドンでも落ちれば考えが変わるかも」にうなずける。
編集 / 2006.10.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
間違ってるか?
カテゴリ: 政治
この後に及んで、中国、ロシアが国連制裁決議の実効を失わせるような難癖をつけ、表面上は非難の形をとりながら実質的内容は首を傾げざるを得ない方向になりつつある。片やよろよろの共産主義国家、一方は元というか、昔に返りたがっている全体主義国家。どちらも碌なもんじゃない。中国が清以前、まあ唐の時代でもいいが、文化的には世界に冠たる国であった。ロシアもしかり、ソ連以前のロシア帝国時代の文化もやはり、比類するものが無いほどであった。所で、両国がそれぞれ革命を起こし、今の政体になって、人類にどんな貢献をしたんだろうか圧政の下ではあったが、文学、音楽他それこそ教科書に載るような優れた文化遺産の数々を残してくれたが、近代の両国は負の遺産ばかり。この歴然とした差は何だろうか。人種が変わった訳でもない、生活の苦しさは今の方がまあ、益しかと思うのだが、何にも生み出していない。おそらく人間の精神的自由の程度に比例しているんだろうな。その体制を未だに賛美し、憧れをもつ左巻きの諸君、ヨーク現実を見ようぜ。
編集 / 2006.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
馬鹿穴
カテゴリ: 政治
安倍新政権誕生前後から、様々なマスコミ媒体に「日本再生」なるフレーズが溢れるようになった。自国を取り囲む様々な事象に対応しきれなくなった現状を少しでも変えたい、更には、日本人そのものの足元を見つめ直す機会到来と、様々な思惑から多士済々である。批判の要は日本はあまりにも「法治主義」に凝り固まり耐え切れなくなると苦し紛れの「法解釈の拡大」やら「特別措置法」を急遽制定したりの、右往左往ぶりにある日本人の法治主義絶対視はそれはそれで意味のある事だし、日本人の気質にも合うことで、今後もそれでいいとは思うが、縛りがきつく、応用が利かないという欠点がある。機械工作物の工法に「馬鹿穴」と呼ばれるものがある。正確にはちゃんとした単語が有るんだろうが。要は遊び穴である。超精密機械には取り付け面の仕上がり粗さ、取り付け穴のミクロン単位の完成度が要求される物がしばしばあり、組み立ては勿論、運送、日頃の点検等メンテナンスに莫大な労力を必要とする。一方精密機械には違いがないんだが、組み立て中の誤差、稼働中のずれが多少あっても本来の機能は万全というのもある。この場合、取り付け面の寸法公差に余裕を持たせ、且つ取り付け穴の左右上下を少し大きめに作る所謂「馬鹿穴」を設けておき、多少のエラーを補正する。法律もこの考えで作ればいいのではないのか?憲法は国家理念として、理想を掲げればよいがユダのごとき戒律で有ってはならない条文に馬鹿穴を設ける事。これが要点なんだが、左巻きの連中は、自分自身縛られる事に極めて強い拒否反応を示すくせに、国家といういわば手で触れないものには、当然のように理想論を押し付ける。そのため、歴代内閣は永年タブー視してきたが、今がチャンスである特定アジア(中、韓、北朝鮮)の現状と今後を展望するならば、他人の善意を信じて国家経営が出来ない事は、普通の国民は知っている
おそらく左巻きの暴れようは想像できるが、馬鹿穴付きの憲法を作らない事には、国家運営に支障をきたし、莫大な機会損失を国がかぶる事になり、しいては国民の両肩に重く圧し掛かることになる例え内閣が短命で数代に跨っても良い。誰かが犠牲にならないと国の将来は無い。
編集 / 2006.10.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
どこまで浮世離れしてるやら
カテゴリ: 政治
【光州11日聯合金大中(キム・デジュン)前大統領は11日、北朝鮮の核実験後に提起された太陽政策失敗論に関連し、「北朝鮮の核問題解決のためには米国と北朝鮮の直接対話が必要。太陽政策を攻撃したからといって可能になるものではない」と主張した。光州市内の大学で開かれた特別講演で述べたもの。過去の記憶をたどっても、北朝鮮が太陽政策を理由に核開発をすると発表したことはないと強調した。
韓国、連合が伝えた 金大中(キム・デジュン)前大統領のコメントである。誰が気前良くれた金を、これから悪事に使いますと言うか?未だに大きな勘違いをしている。これじゃ北朝鮮に騙されるわけだ。日本もこの際、平壌宣言なるものの廃棄を宣言するべき、拉致の文言も無いのだから。
編集 / 2006.10.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ちょっぴり安心?
カテゴリ: 政治
なにがちょっぴりだ。朝日新聞は大いに満足といったらどうだ。議論しても何の得ることが無いのが歴史論争だろう。まさに不毛の議論である。国民生活に関わる重要な懸案事項が山積みなのに、不毛の論議に終始していたのでは時間の無駄であるし、生活は毎日のこと。歴史はお堀端の石垣と同じ、どこへもいきやしない。なんにもなくなったら好きなだけ議論したらよかろう。民主党はそれが仕事だし、政策に真正面から挑む理論がないからほっとくとして、朝日だよ。歴代の首相に、就任早々朝から晩まで手を変え品を変え、歴史云々ばかり、そんな事あったか?。そんなに、新首相が憎いか?邪魔か?朝日の論調は、同じ日本人の発想ではない。正に恨みつらみである。恨である。日本が日本たる道を求めるのが、そんなにおかしい事なのか?連綿と続く歴史を総合的にみて批判するのなら判るが、中韓の邪推にかこつけ、歴史の一瞬の情景をそれも一方向だけから取り上げ、自分の論調(すなわち中韓の難癖)が絶対正義とばかり主張する。さーどうしようかな。よく考えると朝日新聞だって企業なんだよな。企業は社会福祉のためだけに存在している訳ではない。利潤を必要とする。商売である。であるならば、利潤を上げさせなければ良いわけだ。全て自己資金で活動している訳では無い。銀行融資もあるだろう。それよりも一番簡単なのは、定期購読をやめればいい訳だ。拡張にきても断ればいい。(内は既にやっているが)。販売店も朝日オンリーではないだろう。他紙をとれば、販売店は困らない。さーみんなで口コミで運動しよう。
編集 / 2006.10.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
SONY再び
カテゴリ: 社会
井深、盛田、岩間、大賀、井出と過去の社長を並べてみて、大賀氏で過去のSONYは終わったんだなと思う。最近のSONYの暗いニュースを見ると長年の愛好者として、残念と言うしかない。SONYは井深、盛田時代既に大企業であったが、少なくとも組織、組織でがんじがらめの普通の大企業では無かった。広い分野の技術集団であった。そこに、井出社長が抜擢され、CEOやらなんとか訳の判らないアメリカ仕込みの会社経営にはしり、組織いじりに走ったのが躓きではなかったか技術屋に組織は邪魔なものである。内情を知るわけではないが、大賀社長までの組織に何が問題だったんだろうか、邪推すれば、新任の井出社長が自己顕示の道具にアメリカの経営手法を取り入れただけだったのではないか?現場を掌握しない執行責任者に従業員は違和感を感じていたのではないか?トヨタ、日産等の製造会社と違い、弱電メーカーには現場を知り、技術を理解する経営者が必要であったのではないか?製品的にもウォークマンとビデオカメラのはしり以降、SONY製品には見るべきものがない。I-PODこそSONYが最初に手をつけるべき商品であったはず。完全な読み間違いをした井出社長の責任大であろう。もう一度第二の第三のウォークマンの出現を期待する。
編集 / 2006.10.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
旦那、お耳を
カテゴリ: 政治
旦那、ここではちょっと、席を替え、差しでお話を、と上目遣いにもみ手しながらパンチパーマのずんぐりむっくりが言う。だが旦那は以前同じ様な場面で、迂闊に話しに乗ったところが、手ひどいしっぺ返しを喰らっている。その手は食うまいと「六カ国協議」の場を離れようとしない。話があるのなら、皆の前でとの態度を崩さない。業を煮やしたパンチパーマは懐に片手をいれながら、差しでとせまる。旦那はどうせ懐には刃こぼれした匕首しか無いと見極め、それでも用心の為、後ろ手にピストルを隠しながら素知らぬ振り。これが現在の北朝鮮とアメリカの関係であろうパンチパーマは懐に匕首ならぬ、導火線の付いたかんしゃく玉を隠し持っているのだがタイミングを誤ると自爆しかねず、タイミングを見計らっているところか。他国をののしり、罵詈雑言を撒き散らし、それでもなお関係を迫ろうとする、まるでストーカーではないか。脅す、盗む、せびるもうやる事が無いくらい、悪の道を究め、その先どうするつもりだろう。こんな国と国交を結ぶなど、狂気の沙汰。
編集 / 2006.10.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
無風ならおき火は消える
カテゴリ: 政治
騒ぎを期待する者達にとっては「おき火」はとっておきの材料ではある。上手く風を吹き起こせば、ぱちぱちと火の粉が爆ぜ、近くに引火物があろうものなら、延焼は確実。しかし、方向違いの風では、おき火は白い灰になり、形を残しながら消えていく。その後で風を吹き付けても、白い灰が飛び散り「おき火」の跡形も残らない。本来は柔らかい安価な木の「おき火」なのに、変質狂的な風吹き屋は後生大事に、護り続け、隙あらば火柱をと願っている。どこかにこの変質狂的な風吹き屋を吹き飛ばす台風は無いものか。散発的なつむじ風では「おき火」は残る。
数少ない読者の皆様、この寓話はいかがでしょうか?
「おき火」はもろもろの歴史問題
「風吹き屋」は朝日新聞をはじめとする左方向の方々。
意味が通じましたか?
編集 / 2006.10.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
皇室の復活だ?
カテゴリ: 政治
大韓帝国の皇室復活とかなんとかままごとみたいなニュースが出たが、齢80何歳の末裔に二昔前風の白粉を叩き、麗々しく恭順の意を捧げるような写真つきで。しかしなあ、いくら思い付きかもしれないが、そう簡単に廃絶した皇室を復活させようなんて発想は如何にも韓国人らしいな。そもそも皇室そのものの意味があの人たちは判っているのかな。国体だよ?(スポーツの国体ではない、念のため)。国際的にも皇室は政治から離れた、その国の魂の拠り所だよ?文化の象徴だよ?日本の皇室におめでたいことがあり、マスコミで大きく取り上げられ、国民が盛り上がっているのをうらやましく感じ、そういえばわが国にもそれらしき形があったな、よし、それ行こう。なんかこんな感じのイベントなんだろうな。見ていて痛ましいよ。
編集 / 2006.10.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
貴方の言う歴史認識とは?
カテゴリ: 政治
民主党をはじめとする歴史愛好家の諸君、今普通に暮らしている日本人で首相の歴史認識を確認したくてやきもきしているのはいないぜ?飯の種にもならない事に拘っているのは、中韓だけだぜ?それを国内で、しかも国政の場で何よりも重要だと主張しているのはあなた方だけだぜ?と言う事はあなた方は中韓の代弁者と言う事になるがしかもあなた方の言う歴史認識とは先の大戦は全て日本の侵略政策による一方的な誤った戦略であると言う枠をはめているだろうその枠を外れた発言をしようものなら、右翼だの、戦争賛美者だのあらゆるレッテルを貼ろうと待ち構えているくせに歴史論争は他でやってくれ。そんな水掛け論に時間を使うよりも、年金、消費税、教育・・・議論すべき事は山積みなんだから。
編集 / 2006.10.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。