しゃきっとしてくれ
カテゴリ: 政治
アメリカ下院に於ける所謂従軍慰安婦決議案に対し、安倍首相のコメントは、相変わらず、言葉は悪いが、間が抜けている。説明、説明というが、狭義のなんたらかんたらとか言葉を並べても説明にはならない。単なる釈明にしか聞こえない。残念なんて言って欲しくない、外交言葉で強い表現を出すべきではないのか?先の参議院選挙前の内閣閣僚の不始末にしても、説明も足りなければ、釈明にもなっていない。これが投票行動に現われたと理解すべき。前首相、小泉の政治手法には反対だが、彼は説明と言うよりも、もっと強い言葉で国民に声を発した。それは宣言である。くどくどしい説明は抜き、ただ宣言。これがリーダーの声だろう。説明は側近に任せればいい、首相は強い言葉で宣言に徹すべき。
「慰安婦は存在したが、日本軍が主導した所謂従軍慰安婦は存在しなかった」これだけでいいのに。証拠があるの無いのそんなのは学者に任せればいい。
スポンサーサイト
編集 / 2007.07.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
社説にするほどの人物かね?
カテゴリ: 政治
参議院選挙を受けて、続投を表明した首相の発言に対し、朝日新聞はこれでもかと出口調査がどうのこうのと罵っているが、そうは問屋は卸さない。何様の積もりなんだか。また、小田実氏の死亡をわざわざ社説で取り上げる偏屈さ。小田実なんていかほどのものなんだ?自分は資本主義の旨い汁をたっぷり吸いつつ、太鼓腹を撫でながら、斜に構えた似非左翼活動家だろうに。市民参加の運動家の創始者みたいな持ち上げ方だが、なに、朝日にとり都合のいい活動家だったに過ぎない。虚勢で世間を渡った小物に過ぎないのに。
編集 / 2007.07.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
小人閑居して不善を為す
カテゴリ: 政治
この諺、本来はこういう意味だと様々な説があるが、一応「暇人は碌なことをしない」と解釈しておく。
宇治市である。所謂、プロ市民的、小人が平和都市宣言、無防備宣言なる言葉遊びに夢中らしい。そもそも一介の条約に自らの安全を託す心理が判らない。それで済むなら、何故地域紛争が起こるのか理解してないな。人間、性善説にひたりたかったら、自己責任でまっとうすればよい。他人の所為ではなく、それなりの覚悟のうえならなんら、傍から言うこともない。要は暇なんだな、喰う心配もなく、そこそこの生活があるのに、どこかの新聞みたいに「心配だ」にこだわる、小人め。
編集 / 2007.07.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
それほどのことでも
カテゴリ: 政治
野党が勝利すると世の中がひっくり返る様な伝えられようには、笑わせられるよ。確かに、自民党流が通用しなくはなるが、果たして、天と地ほどの違いが出る訳も無い。官僚組織に手をつけたからこの様との話もあるが、伝えられる官僚の天下り実態に、このままで良いわけが無い。
今は浮ついている国民も、真実は知っている。仮に野党が過半数を握れば、口当たりのいい政策のオンパレードが続くだろうが、いざ、実行となれば、あっちにも、こっちにもいい顔をしなければ、野党はすぐにも見放され、その反動が、次の衆議院選挙へ反動となり現われるだろう。
振り子は常に揺れ動き、長い目でみれば、結局バランスの取れた国家運営となる。過去、野党が大勝したとき、又、与党が大勝したときの後をみれば判る話。
編集 / 2007.07.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
蔑称を差別と感じないのは
カテゴリ: 政治
特定アジアの皆様は統制された言論活動において、例えば日本を罵るとき、チョッパり、小鬼、東小鬼、小日本等様々な言葉を書き連ねるが、果たしてこれらの単語で侮蔑を感じる日本人は居るんだろうか。日本のマスコミにこれら特定アジアの記事が引用されるとき、必ず注釈がつき「これらは日本に対する蔑称」と説明する。つまり、彼等が奥歯を噛みしめ、口角泡を飛ばしてののしろうが、蔑称と感じない日本人が多いということだろう。原因は、普段耳にしない馴染めない言葉であること、民族としての誇りが薄いこと等が考えられるが、一番確実なのは、なに言ってんだろうね、馬鹿馬鹿しいと耳朶にもかけない常識の発露なのかも。
編集 / 2007.07.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
捨て台詞
カテゴリ: 政治
北朝鮮の外務次官が北京空港からの帰国直前、日本に対し「圧力が続けば、災難がくる」と捨て台詞。
お得意の恫喝。日本の外務省は何故、反論しない。紳士ぶる必要は無い、いい子ぶる必要も無い。外交は言葉の戦争であるならば、直ぐにも反論すべきではないのか?安倍首相のぶら下がり会見で質問がでるだろうが、強い反論を期待しても無駄か?
編集 / 2007.07.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
捨て台詞
カテゴリ: 政治
北朝鮮の外務次官が北京空港からの帰国直前、日本に対し「圧力が続けば、災難がくる」と捨て台詞。
お得意の恫喝。日本の外務省は何故、反論しない。紳士ぶる必要は無い、いい子ぶる必要も無い。外交は言葉の戦争であるならば、直ぐにも反論すべきではないのか?安倍首相のぶら下がり会見で質問がでるだろうが、強い反論を期待しても無駄か?
編集 / 2007.07.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
あの程度か、あんなにか
カテゴリ: 社会
新潟中越沖地震により柏原源発のトラブルが種々取り沙汰されている。
許容以下とはいえ放射能もれがあった、放射能低廃棄物ドラム缶が数百本たおれ、一部蓋が外れた、構内消火活動体制が貧弱、断層の上に施設を作った無謀さ等々。確かに、防災体制はだらしがない。マニュアルがどうのこうのではなく、危機管理体制が脆弱といわれても仕方が無い。
しかし、あの震源の近さであの程度で収まった堅固さというべきか、あのくらいも保持できないのかと、この辺は、原子力問題に対する認識の違いで、極端に分かれるのでは?そもそも。神の火を充分制御する手段を持たぬまま突っ走る人間の浅知恵が、恐る恐るレバーを押しても、突発事項には用を成さないということか。批判するのは自由、しかし、エネルギー問題を真面目に考えるならば、そうそう批判ばかりしてもいられないだろう、それとも革新的アイデアがあるのかね?
編集 / 2007.07.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ま、理屈はそうなんだが
カテゴリ: 社会
朝鮮日報にコラムを載せる鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員(東京)がいる。時として日本人からみて、「まともな人間もいるんだな」と思わせるかと思えば、やっぱりなの時もしばしば。で、22日のコラムで、進出著しい某焼肉チェーンの経営法を絶賛している。その成功例の分析はなかなか的を得ているんだが、最後にやっぱりなになっている。日本の外食産業はメニューの充実度、価格、顧客サービスとそれぞれ工夫され成功しているが、もう一つ、進出先地元との良好な関係がある。後進組として適度の配慮をしつつ、自己PRにより根を下ろす。こういった様々な手法で拠点を築くのだが、要はバランス感覚があるということだろう。しかし彼は本来の焼肉文化発祥の韓国人として逆説ながら「韓国料理の潜在的な競争力が無限であることを示している」と結論付けているが、そうだろうか、先に述べた日本式経営手法を果たして韓国人は理解し、身につけられるんだろうか?はなはだ疑問である。その証拠に、多くの海外拠点で排斥されているのはなぜだろうか。この辺の感覚がやはり韓国人
鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員の限界なんだろうか。
編集 / 2007.07.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
反故にして悪いか?
カテゴリ: 政治
契約、取り決め、条約これら相互を拘束する決まりごとは、お互いの信義の上に成り立つのは常識である。これを反故にするには、それ相当の万人が納得し、理解し得る状況が必須である。ま、当たり前か。ではその条件はなんであろうか。重大な誤解、信義違反、反故にしても余りある国益の向上であろうか。であれば、日朝平壌宣言は充分該当するのではないのか。当事国、北朝鮮の反発は当然として、韓国、中国、又、最近のアメリカが反発し、眉をひそめるだろうな。しかし、攻撃できる武器を保有しない日本としては、それに変わる有効な武器であろう。やつらが勝手な取り決めをしたところで、肝心の大蔵省が金をださなけりゃ、絵に描いた餅であろう。石原都知事がその立場であれば、おそらく実行するだろうな。また、ブログで有名な【紅の傭兵】談話は理屈も無く、単なる情緒的気持ちを軟弱な頭で考え、発言したに過ぎないし、政府の面子はあろうが、修正、撤回しても長期的にみれば国益に適うのではと思う。どうだろう、決断できる侍はいないものか。
編集 / 2007.07.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ネットワークか!!
カテゴリ: 政治
流行の○○か!じゃなくて、所謂ネットワーク化、それも水の。
毎年毎年、集中豪雨被害がマスコミを賑わし、被害を受ける人にとり、深刻な問題であり、被害は拡大し続けている。日本列島は大雑把にいうと、列島の真ん中を背骨のような山脈が走り、その急峻な山裾が海に落ち込む構造である。いわば、山地に降った雨が地面にしみこむよりも急激に海に注ぎ込む構造である。従って降雨量の割りに保水率が低い構造であろう。そのためあちこちに多目的と称してダムが作られているが、それなりの役目ははたしているものの、集中豪雨に対してはそんなに効果的とは思えない。最近では山地よりも人間の生活基盤である、狭いが所謂平地に急激に降る雨が、災害を引き起こしている。
電気は国内でそれなりのネットワーク化が計られ、緊急時の融通が可能であるが、水対策にはそれがない。田中角栄じゃないが、巨大な地下遊水地を作り、且つ日本全国を結ぶネットワークを作る計画はないものだろうか。膨大な公共投資であるが、これこそ必要な公共投資ではないのか。国土保全と景気対策に。
編集 / 2007.07.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
なにが自由に発言できない雰囲気だよ
カテゴリ: 政治
こいつが何か発言すると、虫酸がはしる。
読売新聞17日が伝える自民党加藤紘一の発言【政府の外交感覚古い】と一人合点の珍説を披露。安倍首相、麻生外相の外交感覚はイデオロギーに支配されている、古い、あの程度の国(北朝鮮)は【善導】してあげればいい、大きなながれを見失っている等々。
内閣支持率は様々な身内の不始末で低空飛行中だが、事、外交に関しては大きな間違いはしていない。この点だけの支持率を問えば、8割以上になるのでは?加藤紘一の言う政治の振り子など、今まで左に振りすぎた分反動があるだけの話なのに、自分の目線に入る位置だけが、中立に見えるらしい、白内障の気があるな。
編集 / 2007.07.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
それを居直りと言う
カテゴリ: 政治
世界の食料事情解決のため、誠にユニークな解決策を提供している中国が、居直りと言う反撃を始めた。ただし、自国の衛生観念には目をつぶり。輸入相手国、アメリカの冷凍食肉からサルモレラ菌が、食品添加物が発見されたと。そもそも比較にならんだろう、汚染の程度が。
自分に不利とみるや、居直る、無関係な分野でイチャモンつける、いつものパターン。この性状は中国四千年のなせる業であり直るわきゃ無い。ひたすら改善に努めると考えるのは特定アジア以外の国民の常識。
どうだろうか、エンゲル係数が上がろうと国産に切り替えませんか?
勿論火事場泥棒的な商売人には充分注意する必要があるが。
編集 / 2007.07.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
矜持
カテゴリ: 政治
旧聞に属するが、中国残留孤児の日本における生活支援を巡り、各地で訴訟が行われ、原告敗訴が続く中、安倍内閣の政治判断で、新たな支援策を策定し、これを次善の策として孤児側が受け入れ来年早々から実施されることになった。原告の中には、欲得で動いた人、お上を訴える事に逡巡した人も有ろう。しかし一応の決着を見たことはそれなりに評価して良い。一連の動きの中で、「生活保護」の言葉に反発した人が多々居られたことには留意するべきだろう。止むに止まれず国家による生活支援を受けることは、別に恥ずかしいことではない。働きたくとも、身体の自由が利かず、また就労の機会に恵まれず最低限の収入もままならない人を救済するのは、国家として当たり前のことであり、その境遇に甘んじなければならない立場の人にとり、当然の権利でもある。ただし一部、積極的な就労活動もせず、生活保護を受けている輩も多々いる事も事実であり、真の生活保護受給者とは一線を画すべきであろう。残留孤児の皆さんは真の生活保護受給者の立場にあるのだろうが、それでも生活保護受給者と言う立場に抵抗したのは、矜持であろう。歯を食いしばり、切り詰めた生活をしながらも自立の道を閉ざされ、止むに止まれずであろうか。その矜持に昔の日本人を見たと言えば、感傷的過ぎるだろうか。
編集 / 2007.07.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ふと、思い出したんだが
カテゴリ: 政治
自民党の加藤が何かの折にコメントを求められた時言った言葉が、ずーっと気になっていたんだが、いつの間にか忘れていた。思い出したら腹が立ってきたが、忘れないうちに書いておこう。その時、加藤が言ったのは【言いたい事が言えなくなった雰囲気が心配だ】だった。
多分に、様々なブログ、雑誌で日頃の言動を咎める雰囲気から、殊更被害者ぶった台詞である。売国奴、媚中派とか言われた事が頭の片隅にあり、これに対する不満であろうが、何も殺そうと言うんじゃ無いじゃないか。加藤は加藤なりに国益の追求から発言したとの確信であれば、異なる立場の人間は当然これに反論する。今までは、口先だけの綺麗ごとと思っても、それこそ【言いたい事が言えない雰囲気】が充満していたものが、何かをきっかけに発言し始めただけのこと。自分だけの言い分が通用しなくなったことを取り上げ、【右翼、民族主義】などと、一昔前の【アカ、左翼】と同義語を発言する加藤こそ、日本の国益を本当に考えているのかと【心配】だ。
編集 / 2007.07.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
不勉強で申し訳ないが
カテゴリ: 政治
農相の事務所費問題、本質がよく判らん。政治家の活動に対し、税金で助成費が政党ごとに支給されている。更に政治家個人で寄付を受けている。それに議員歳費。この三つが政治家の主な収入源と理解しているが。そのほか公に出来ない収入もあるかと・・・・。秘書を雇い、複数の事務所を構え、相当な掛かりだろうと思う。そのわりに世襲政治家に資産が多いのが気にはなるが、役得と言う物があるのだろう。要はまともに税金を払わない姿勢が事を複雑にしているのでは?ただそれが全議員に及んでいるだけに、認める訳にいかず孤軍奮闘しているのか?
誰か本質を教えてくれないかな。
編集 / 2007.07.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
演出過剰だよ
カテゴリ: 社会
現場の人間は必死だろうが、毎度毎度台風シーズンになると、吹き付ける雨風の中、身体を傾けながらの中継、読めもしない原稿の小道具つき。被災された住民に追い討ちかけるような、似非同情アナンス。
ドキュメントならドキュメントとうたってくれよ。ニュースはあくまで客観的な情報伝達に終始してくれ、臭い演出無しで。
編集 / 2007.07.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
無理も無いな
カテゴリ: 政治
時期戦闘機を巡りアメリカの最新戦闘機購入を関係者は希望しているらしいが、アメリカの議会報告書は機密漏えいを楯に反対している。
そりゃそうだろう。マスコミを賑わす各種の機密漏えい、当たり前だよ。虎の子の最新兵器の機密が日本経由でぼろぼろと目に見えている。
スパイ罪もなけりゃ、機密に対する認識が著しく欠けた国民だもの。
編集 / 2007.07.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
それが心配の元凶
カテゴリ: 政治
日本鰻輸入組合(森山喬司理事長)は10日、都内で記者会見。30日の土用の丑(うし)の日を前に「日本に輸入されている中国産ウナギは中国政府による検査や、日本での水際検査をパスしており安全だ」とアピールした。

このおっさん、馬鹿か?まともな国の検査機関が補償したのなら判るが中国だぜ?中国。
逆効果なのが判らないかな。
我々日本の検査で全数完全に確認し問題有りませんと言えよ、言えないだろうな?全数は無理だし、100%良品の自信はないし。


編集 / 2007.07.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
問題は内訳なんだが
カテゴリ: 社会
読売新聞が伝えるところによると、日本で147万人が「金融資産百万ドル以上持つ富裕層」だそうだ。結構じゃないか、ダントツのアメリカについで世界2位だと。しかしこの数字多すぎないか?約100人に一人になるが?人の財布は知りようも無いが、自分の周りを見渡してもそれらしき臭いは皆無。下司の勘繰りになるが、その資産形成の中身が知りたいな。いや、なにもあやかろうと言うんじゃなく、まともな稼ぎなんだろうか?親代々受け継いだとか、実業の世界で成功したとか、これは文句の付けようがないが、六本木なるところに群がり、物も作らず、虚業ともいえる曖昧な商売で一株何十万の持ち主が含まれていることを推測すれば、一概に喜んでばかりも居られない。これを調査したメリルリンチ等がどんな手段で掴んだのだろうか。
編集 / 2007.07.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
まさか、自分の事じゃないよな?
カテゴリ: 政治
整形大統領、冬季オリンピック誘致に失敗し、言った事が読売新聞8日朝刊に出ている。《賢人は敗北から知恵を得る》
失敗に落ち込む自国民に対してであれ、自分に対してであれ、よく言うよ。《心配ない》と大見得を切って出発したものの、身の置き所が無いのが実情だろう。そのうち、何某の所為でと言い始めるのが目に見えている。楽しみ。結局ヨーロッパ諸国の票を取り込めなかったのが敗因だろうが、定見もなくアメリカに突っ張ってみたり、要は人徳が無かったことに尽きるだろう。冷戦時代に逆戻りの感があるプーチンに対しては少なからず危惧の念を抱きつつ、ソチへ投票せざるを得なかったヨーロッパ諸国の委員、同情するよ。
編集 / 2007.07.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
20パーセントで威張る?
カテゴリ: 政治
中国人の感覚は極めて特異とは聞いてはいたがこれではっきりしたよ。
食品、日用品の品質不良が20パーセントしかないから問題無いらしい。
普通、製品の不良率というものは、ppm単位で言う物だが、中国は違うらしい。白髪千丈とはものごとを、大げさに言う状態だが、中国はその逆もあるらしい。
それにしても、今回横浜市がたまたま学校給食のきくらげを調査し本来使用されないはずの農薬を発見したことで、またまた中国産の品質問題が露見したわけだが、国の行政としての発表もなく、まだまだ隠していることが充分考えられる。
編集 / 2007.07.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ひょっとしてカードになる?
カテゴリ: 政治
米国関係者による先の広島、長崎への原爆投下正当論が伝えられるが
なに、今に始まったことではなし、驚く話でもない。ダブルスタンダードお得意の米国だから。先日の下院議員委員会での所謂従軍慰安婦問題、建前は戦争犯罪云々よりも、人権を主眼とした理屈が主流をしめたようだが、これ以上日本を侮辱するようだったら、被爆国としての主張を本気で考える時かもしれない。非戦闘員を巻き込んだこんな戦争犯罪は無いのだから。時間はかかるが、人権を御旗に国家としての意志表示したら、意外と有効なカードになるかもしれない。しかしこれを主張する国会議員はいるんだろうか?(あっち系は論外として)
編集 / 2007.07.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
租にして卑なり
カテゴリ: 政治
なんだこの久間防衛大臣は、どうしようもないな。ブッシュ大統領を皮肉ってみたり、今度はよりによって被爆国を斜めに見下ろす発言は。
定見が無い、無節操極まりない、この男は。人は見てくれでは無いというが、この男は見てくれ通りの男。早く更迭しろ、みっともない。
編集 / 2007.07.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索