スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
高等戦術のおちょくりだったりして
カテゴリ: 政治
女子サッカーの日本代表が中国での戦い後、試合中のブーイングや敗退にも関わらず、用意された横断幕で中国への感謝を示した事に対し、賛否両論が彼の地で起きている。素直にスポーツマンシップを讃えるものもあれば、何を勘違いしたのか、あれは中国に対する侮辱だと頭をかしげるものまで。民度の低さは依然として変わっていないということ。
横断幕は日本から持参したものだし、チームの素直な気持ちだったんだろうし、政治的な動機はこれっぽちもなかったはず。にも関わらず賛否論が起こるとは。日本人だったら「ああそうか」で終わり、せいぜいニュースの終わりに軽く触れる程度の話題。ああ、それなのにここまで関心を呼ぶとは、これ、意外と利用価値ありそう。まともな字句を連ね誰が読んでもそれだけの意味なのに、その裏をかんぐるとは。意外と日本側に知恵者がいたりして。
スポンサーサイト
編集 / 2007.09.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
あいも変わらず見苦しい
カテゴリ: 社会
サッカーのアジアチャンピオンズリーグで浦和レッズが韓国チームを破り準決勝進出を果たしたが、朝鮮日報に、負けた韓国チームの監督が審判の日本寄りの姿勢を非難する談話が掲載されている。一つはオフサイド判定、更には日本DF陣との接触で倒れた際、シュミレーション(わざと?)と判定されイエローカードをだされたことへの不満。確かに後でビデオ画像を見ればオフサイドに対する言い分は判るが、試合の流れの中で、一々ビデオ確認する規則でもないだろうに。審判も人間、錯覚、誤認もあるだろう、しかし、今回は日本側に有利な判定とされたが、逆も数多くあった事だろう。それには目をつむり、日本相手に負けた悔しさから、およそチームの責任者らしからぬ発言。やはり韓国人なんだなあ。
編集 / 2007.09.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
国連至上主義
カテゴリ: 政治
あえて、ビルマと言おう。ビルマは今、内乱状況にある。元来、イスラム教と違い、政治には距離を置いている仏教が(日本のカルト教団は異様)民衆の先頭に立つなど、永年の軍事政権に反発を強めるのは余程のことであろう。内政問題として事態を矮小化しようと、又、自らに跳ね返る心配から西欧式の民主主義に警戒を強める、ロシア、中国は国連の介入を極力抑えようとしている。これが今の国連安保理の実態である。日頃人権問題に関心の高いあっち系の皆様は、どう考える?権利主張をチカラで抑える軍事政権に、国連は何も出来ない。評論家的な議長声明(それも口頭)がせいぜいだという。それでも国連至上主義の皆さんは支持するのかね。今、ビルマでは丸腰の民衆が一方的に弾圧されているというのに。恐らく、もっと僧侶を含む民衆側に多数の死者がでるか、丸腰の抵抗から強行対抗し、完全な内乱にならない限り、国連は腰を上げないだろう。自国の利益に適うかどうかが、判断基準である限り。
編集 / 2007.09.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
季節
カテゴリ: 社会
毎年のことながら、6月、7月蝉の鳴き始めは直ぐに判る。
いつもと違う音の響きで。
しかし、夏の終わり、気が付いて見るといつの間にとの印象が強い。
何時もと違うのに何故か初夏の鳴き始めほど印象に残らない。
昼下がり、通りを通る車の音、学校のチャイムの音だけが聞こえる。
今年もいつの間にか。
編集 / 2007.09.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
恨み骨髄に至る
カテゴリ: 政治
安倍前首相の就任中、退陣後の朝日新聞の異様な噛み付きはなんなんだろう。一言論機関が総力を挙げてのキャンペーン。各ブログ氏が惻隠の情とか、水に落ちた犬を棒で云々と指摘しているが、まるで特亜三国の動きと全く同じであり、日頃耳に心地よい言葉を並べ、欺瞞に満ちた世論操作を行っていたのに、今回は異様過ぎた、殿ご乱心か。
ここからは憶測であるが、小泉前首相がいわば、結果として戦後体制の
変革に火をつけ、安倍前首相の仕上げの段になり、一般国民が今までの対外政策はおかしいと気付き始め、「普通の国」の常識に目覚めたのが気に食わなかったのではないか?朝日の戦後一貫した左翼シンパシイへの抵抗が芽生えたことへの恐怖か?身に覚えがある朝日のこと、なりふり構って居られなかったのだろう。逆にそこまで追い詰められていたと考えれば、種々の反安倍論調に納得がいく。先の参議院選挙の結果が我が意を得たりとは朝日は考えていないだろう。冷静に分析すれば、国民が反自民の考えで、野党に国政を任せようと認識し、投票したとは考えていないだろう。目の前にちらつくうるさい子バエを手で払いのけただけであり、目覚めた国民の意識はどうしようもないと歯軋りしているのだろう。であれば言論による世論操作で少しでも昔なつかし土下座外交の復活を夢見ているのだろう。現に韓国のマスコミ論調は福田政権への期待に満ち溢れている。領土問題で騒がず、在日の諸問題を自国民に有利に展開することを期待し、なによりも北朝鮮政策の政策変更に大いに期待しているのだから。日本人は本来ここまで恨みを引きずる国民性ではないはずなのだが。アメリカの原爆投下への対応をみてもわかる。やはり、朝日は人種が違うみたい。
編集 / 2007.09.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ガーン
カテゴリ: 政治
迂闊であった、常識が無かった、無知であった、反省しきり。
さるさる日記 虹が消えるまでさんの24日「怪談は怖がって聞こう(5)」に次なる記述がある。話は長いので詳細はブログをあたって欲しいが、
・・・そもそも政治「家」ならば、私的に参拝するというのはどういうことか。

祀られている英霊は私的に散っていったのか?

ふざけるでない。堂々と政治「家」として頭を垂れろ。政治「家」ならば、国民のために死ぬくらいの覚悟はあるのだろう?外圧がなんだというか。命を賭して散華した英霊の覚悟と比して、どれほど情けないか自覚もできないのか。

過去、首相が靖国参拝の都度、マスコミから「どういう立場で参拝されたのか」と聞かれるたび、ある首相は内閣総理大臣としてとか私的です
とかその場しのぎの発言でお茶をにごしていたが、さるさる日記虹が消えるまでさんが指摘されたように、政府の長が参拝するに当たり、私的はありえないわけだ。そりゃそうだ、戦地に散った英霊は志願、召集の別なく公的立場であったわけだから。いやー認識不足に反省。

編集 / 2007.09.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
どっちが茶番かね
カテゴリ: 政治
首相指名で、衆議院は自民党の福田議員、参議院は民主党の小沢代表が
指名される椿事。ま、規則は規則だが、あれだけ自民党のやることなすことを貶し「茶番」と嘲笑していた野党の諸君、正に自民党の上をいく
「茶番」をしでかしたことに気が付いているのかね?
編集 / 2007.09.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
詭弁
カテゴリ: 政治
日本記者クラブでの自民党総裁候補討論会で、福田氏が麻生氏の問題提起に対し言ったこと。
「5人を北朝鮮へ帰すなとは言っていない、ただ、約束を反故にして大丈夫かと確認しただけ」
確かに、言葉では「帰すな」とは言っていない。しかし、状況から考え且つ、家族会に対した対応態度からみて、言外に「帰すな」と言っていることと同じ。
これを「詭弁」と言わず何と言う?
編集 / 2007.09.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
やっと少しは
カテゴリ: 政治
京都に在日韓国人が生活する「ウトロ」と呼ばれる地区がある。時たま新聞紙上を賑わすが、関係者以外あまり関心を持たれていない。
朝鮮日報21日、鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員が結構長いコラムを寄せている。
鮮于鉦氏はしばしば、時事問題を書いているが、韓国人にしては割と理性的、公平な見方をする人物で、筆者は好感をもってみている。ただ、主張の折々には韓国人特有の歴史感覚を発揮(なんでも、日本帝国主義のため被害を受けたとの被害意識過大症)するが、それさえなければ極めて常識ある見識を示す。氏は過去、ウトロ問題が韓国マスコミによる歴史的問題を強調するあまり、事実関係に目をつぶってきたと主張し
最大のポイントは「住民は銃剣により強制連行されたのでは無い。本国の生活苦から自主的に集まってきたもの」とし、かつ、日本国が関与する余地のない法的には完全な民事問題であり、こじれた原因は在日韓国人の詐欺的問題と本質を突いていること。ただ、これにも韓国人特有の歴史感覚が反映され、本国が日本の植民地政策により生活が困窮を極めたとまたまた「悪いのは日本」とやれやれまたかとの印象があるのだが。ともあれ、いきさつはどうあれ、現在法的に土地を所有しているのは、在日であり、在日地主は住民が土地を買うか、でなければ出て行けと言ってる訳。極めて単純。行政が関与する話でもない。ところが住民は土地を買う気は無い、出ても行かないとごねているだけ。9月一杯が交渉期限とか?さあ、どうなるんだろうね。



編集 / 2007.09.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
どうしたものか
カテゴリ: 政治
この所、国政選挙において雌雄を決するべき場面で、あれよあれよという間に、表層なだれのごとく一気呵成に決着が付くことが多い。先日の参議院選挙は言うまでも無く、小泉元首相時の郵政選挙もしかり。
マスコミの思惑どおりの結果であれば民意だと言い、逆の場合は国民の理解不足と嘯く。どっちにしても、マスコミに踊らされる有権者が増えたことは確か。要は格差格差といいながら、明日の米に事欠かない今の暮らしに安住し、飯さえ喰えれば、主権なんて小難しい理屈はどうでもいいとの考えか。一般国民の半無関心さに付け込み、いいように世論を創り上げるマスコミの不気味さ、どうしたものか。
編集 / 2007.09.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
無理だっちゅうの
カテゴリ: 社会
Sankeiweb(17日)が伝える中国、北京市に於ける有料飲料水の約半分が偽者とのニュース、識別番号でコンピュータ管理するとのことだが、「無理だっちゅうの」。いくら番号管理しようが、その番号の偽物なぞいくらでも偽造できる。国際的な批判に対し、面子だけの対策をいくらたてようが、無理。要は製造者のモラル向上に尽きるのに、これは永い社会制度、国民文化向上等教育の問題であり、いわば、国民のモラル向上という膨大な時間と労力に厭わぬ忍耐力があの民族にあるわけがない。従って無理。
編集 / 2007.09.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
冷静と冷酷の間
カテゴリ: 政治
次期自民党総裁候補の福田氏だが、マスコミの街頭取材に対し一般市民は好意的な見方をする人が少なくない。「落ち着いている、冷静である等々」本当だろうか。物事を斜に眺め、どちらにも取れる台詞の数々。
しかし過去、官房長官時代、日々の記者会見時の言説をつぶさにみていると、決して冷静な人物ではない。ただただ、平穏無事に周囲に波を立てることを嫌う、木っ端役人風情そのものではなかったか。内閣の広報マンとしてはいいが、宰相の器ではない。体裁のいい、言い訳を常に用意し、その場しのぎに明け暮れる、そんな男を首相として担ぐとは、自民党の陣笠議員も落ちたものだ。
それにしても、拉致家族の皆さんには、地獄の到来だ。あれだけ蔑まれ、冷酷に扱われても、彼に頼むしか無いとは、皮肉なものだ。
政治家はおうおうにして冷酷である。しかしどこかに少しの希望があればこそ、小泉前首相もそれなりの人気を得たが、福田氏にはそれが無い。あるのは決して、冷静な宰相ではなく、冷酷で、人を小馬鹿にした
皮肉屋に過ぎない。日本はまたもや失われた○年と評される暗黒時代に突き進むのだろうか。
編集 / 2007.09.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
よりによって
カテゴリ: 政治
福田元官房長官が次期総裁に有力だとマスコミが大々的に取り上げ始め、またまたマスコミの既成事実化が図られようととしている。自民党内の派閥の動きを集約した結果だろうが、これではまたまた旧態依然とした派閥力学による総裁決定となり、それこそ民意とは大きくかけ離れた動きと言えよう。
普段、マスコミの前では無愛想このうえない福田氏が溢れる喜びを噛みしめながら饒舌なこと。しかし、決して本人は決心したとは言わず、ひたすら周囲がお膳立てし、それではやってやるかと、恩着せがましい態度この上ない。2年以内に実施される衆議院選挙は与党勢力が現状議席を維持する事は不可能であり、過半数確保がせいぜいかと言われる中、
福田氏では民意の賛同を得られないと陣笠議員連中は気がつかないのか。下手すりゃ激減も有り得、麻生氏であればそこそこの減でとどまるのに、自分の処遇ばかり気にし、これでは自民党の落日は確実。
編集 / 2007.09.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ん?少し骨が
カテゴリ: 政治
北朝鮮の水害に対する日本の支援がとりあえず見送られた。状況を見れば当たり前のことであるが、過去、日本はこれができなかった。他国からの非難の様子を横目でみ身ながら、相当額を「人道支援」の名の下に拠出していた。感謝、感激する相手なら出し惜しみするものじゃないが
こと、特定アジアに関しては、何の見返りもなく、金をだすものじゃない。知ったかぶりのあっち系は「相手が困っているのだから、ここでえ援助の手を差し出すのは人間として当たり前、こちらから環境改善に努めればおのずと道は開ける」なんて、歯の浮くような、そしてここが肝心なんだが、まるで逆の発想、すなわち犯罪人に恩を売れば良い事に繋がるとの頓珍漢な主張。この真逆の論法がいつの間にか一人歩きし、金は出すが見返りなしを何度繰り返してきたことか。やっと少しは骨の断片が出来てきたかと思いたいが、これも6者協議の進展により、真逆の論法が復活しかねない。
編集 / 2007.09.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
矜持は無いのかね
カテゴリ: 社会
面子に拘る、自国民族主義、世界に冠たる誇り高き国、ま、その他諸々いかに優れた民族、国家かと様々な場所で訴える隣国だが、この様はなんなのだ?アメリカで韓国・現代車の広告を打つにあたり、日本の大相撲の土俵上で仕切る一場面を(多分、小錦関)大写しにした画面を用いている。巨体揃いのアメリカでも、日本の力士、特に小錦関は目立ち
米国内でも広く知られた存在であり、注目されるだろう。しかし、過去
自国の観光案内ポスターの図柄のバックに富士山を配したり、なにかやる事がちぐはぐなんだな。自国が誇りなんだろう?何でも発祥の国、民族なんだろう?だったら長ギセルをくわえ、白装束に朝鮮髭、こんなに立派な韓国ブランドがあるじゃないか、それ使えよ。都合のいい時だけ日本を利用するなよ、いい迷惑。
編集 / 2007.09.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
共存
カテゴリ: 社会
人間、いつ足元がぐらつき、踏ん張れども深みにはまるかは判らない。
この度の台風で、首都圏の河川敷に居を構える所謂ブルーシートの方々、散散なめにあい、お気の毒と思う。今の生活環境になるには様々な理由があったのだろうし、それが怠情かどうかは問わない。しかし
蔑みの目の中で、それなりに生きているわけだし、行政がどうのこうのとも言わないが、せめて世間と多少は折り合いを付けてくれよ。
通常、様々な現金収入の道を確保しながら生活し、そんなに世間に迷惑を掛けて居るわけでもない。ただ、無許可で河川敷を使用していることだけが法律違反といえば違反だが。明らかに増水の危険が予期され行政側から勧告を受けたら、もう少し素直に従ってもいいんじゃなかったのかね。わざわざ災害ヘリの出動も必要なかっただろうし。お互い、根本的にはそんなに違いがあるわけじゃない、其処に居てもいいから、もう少し、世間と折り合いを付けてくれないかな。
編集 / 2007.09.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
いいのかねえ
カテゴリ: 政治
お隣の整形大統領、引退後に備え自宅を新築中、別にそれは構わないんだが、一族郎党、側近連中が周辺の土地を買い込み、なにやら戦国時代の豪氏が館を構えるおもむきで、なんともはや。
しかし「いいのかねえ」、引退、隠居、田舎で静かに暮す、理想的なんだが、この国、過去に遡って法律を施行する悪い「習慣」があり、へたすりゃ「収監」の可能性もあるんじゃないのかね?何を根拠に?そりゃ、失われた○年の責任に決まってるさ。
編集 / 2007.09.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
もの言わず
カテゴリ: 政治
瀬島龍三氏が亡くなった。95歳。天寿を全うしたと言えるだろう。しかし、自身のシベリア抑留を含め、旧日本兵を無法とも言える抑留の責任を担ったかの疑問に答えることも無く。特亜の連中にならい、口角泡を飛ばし、抗議することもなく。全く関係なかったのか、そうでなかったのか、何ゆえ沈黙したのか。少なくとも大本営参謀として戦争遂行の一翼を担った身として、一言きっぱりと言うべきではなかったのか?
国家として物言わぬ日本だけに、右倣えしたのか?凍土に眠る兵士もこれでは浮かばれまい。残念。
編集 / 2007.09.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
狂気
カテゴリ: 政治
目は爛々、手には庖丁、あたりを見下ろす不適な面構えで人を威嚇する・・・これは狂気である。誰しもそう思う。
一方、穏やかな姿かたちで、説明も理路整然・・・これは狂気といえないだろう・・・しかし、その穏やかな面構えの下に、慄然とする狂気を持っていたら・・・どうする?
最近の朝日新聞の中国に関わる記事には、慄然とするものがある。一見まともな主張に見えて、しかし衣のしたから覗く何とかが見え隠れなら未だしも、唖然とする主張を繰り返す。それも見え見えのが。なんかおかしい、以前は多少衣をまぶし、それらしき主張を滲ませてはいても、ここまであからさまではなかった。何かがおかしい、ひょっとして狂気にいたったのか?それも集団で。
編集 / 2007.09.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。