スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
自尊心は満足したかね
カテゴリ: 政治
中央日報30日の記事によれば、対中国投資が今年1月から10月で約30億ドルとなり
28億ドルの日本を抜いて、主権国家として第一位になったと自慢?
半べそ?良く判らんがとりあえず、自尊心を満たした事で満足の意らしい。同紙に掲載された中国投資の過去の推移をグラフで見ると、投資の減少が続く中、減少率が日本より緩やかな分、トップに躍り出たものと理解されるのだが。これはすなわちそろそろ危ないなと日本は考え、手控えたのに対し、のほほんと投資を続ける韓国の読みの違いだろう。
ま、どちらが泣くかお楽しみだが、こんな事でさえも日本とせめぎ合う(日本は特に意識してないんだが)韓国ってなんだろうね。
スポンサーサイト
編集 / 2007.11.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
これじゃ信用がた落ち
カテゴリ: 政治
日本訪問中の中国海軍に対し、日本のイージス艦見学にアメリカから抗議を受け、急遽中止したとのニュースが流れている。ばっかじゃないのか?いくら心臓部を見せないと言っても、見るべき人物が見れば、艦内の様々な機器類の配置、壁の膨らみ、全てが有用な情報に決まってるだろうが。おそらく、然るべき責任者がそれぞれ上級の責任者にお伺いをたて、了解を得た結果であろうが、機密の何たるかを知らないぼんくらが「日中友好」を隠れ蓑に、危ない所業に及ぶところだった。しかし、いや待てよ?こんな大事がまかり通る今の日本の機密保持体制では、これは氷山の一角だったのではないのか?これは半ば公の資料だと勝手に解釈して様々な機密情報が日常茶飯事に漏洩されているのでは無いのか?軍事に限らない。政治情報、メーカーのノウハウ、全てに特定アジアの情報機関が鵜の目鷹の目で探し回っているはず。余りにも日本は無防備過ぎる。法律云々の前に、今持っている常識を再検討したほうがいい。日韓平和条約が結ばれたあと、日本のメーカは「日韓友好」の名の下にどれだけ貪られたことか、メーカに在籍したことのある人間なら皆知っていること。
編集 / 2007.11.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
昼食代50円
カテゴリ: 社会
去るとき、然るべき事情で約半年、昼食代50円で過ごした事がある。
泥棒した訳ではない。ちゃんと正規に食材を購入し節約しただけなんだが。
内容は、食パンとジャム、水。
スーパーで6枚切りの食パンは105円。ジャムは一瓶300円弱。水は只。
ジャムは一瓶買うと一ヶ月(20日稼動として)持つ。300÷20日=15円。パンは一食2枚として105円÷3食=35円。 合計で50円。一ヶ月千円である。もっとも朝食、夕食は家で食べたが。確か9月から翌年3月までだった。日本は水には不自由しない国である。ちょっとした公園なら必ず水飲み場はある。もっとも、肉体を酷使する職業であれば持たなかっただろうが。体重は約5kg減ったが最適なコンデションを維持できたし、具合が悪くもならなかった。完全な昼食抜きはさすが心配であり、いかにして、コンデションを維持しつつ、且つ空腹感を紛らわせるかを考えた結果であったが、時々無性に大食したい気持ちになったことか。
その時は、後で付けが廻ることを承知で、残りの食パンを残らず食べたこともある。結局、時々の大食で憂さ晴らししたことが、約半年の節約生活を続けられた理由であったと思う。何も貧乏自慢をしたいわけじゃない。金が無いといってインスタントラーメンばかりの若者が居ると聞くと、こんな食生活もあるよと紹介しただけ。もっともパン嫌いには向かないがね。
編集 / 2007.11.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
逆じゃないのかね
カテゴリ: 社会
asahi.com30日が伝える「生活保護の支給基準の見直しを行う厚生労働省の検討会の報告書案」で、所謂「低所得世帯」を「生活保護世帯」が収入で上回っている現状是正のため、見直しを提言していると言う。
生活保護世帯は本当に困っている世帯から、様々な既得権を主張する特定世帯、偽りの世帯等様々な問題が指摘されている。嘘偽りで受給している世帯を取り締まるのが先ず先決だろうが、いざ調査となれば個人情報云々の誤った解釈で出先の公務員は尻ごみするんだろうな。しかし、財政が逼迫しているのであれば、公権力を行使すべきだろう。その上で困窮している世帯には人間らしい生活保護を施行するのには誰も反対しない。きちんと調査すれば相当節約できるのではないか?しかし、適正な生活保護政策の実施と、低所得世帯政策を混同しては困る。世の中、世渡りが上手い人間もいれば、低収入の仕事に携わるを得ない人間もいる。であれば低所得世帯対策として施策を行うのが政治、行政の仕事だろうに。低い方に併せるのはどんな能無しの行政でも出来る最も安易な施策であり、こんな答申しか出せない諮問会議とはなんなんだ?
編集 / 2007.11.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
強者を助け弱者を挫く
カテゴリ: 政治
マスコミばかりではないが、守屋前事務官の収賄容疑を巡る事件はマスコミはこぞって「強者を助け弱者を挫く」慣例どおりの醜態を見せている。罪の軽重は明確ではないが、前事務官が普通の感覚の持ち主ならば感じていたであろう友人の領域を超えた接待漬けにあったことは間違いない。司直の手に落ちるのは致し方ない。マスコミはここぞとばかり、有る事有る事報道しまくりだが、政治家には臭わすだけで一向に報道しない。いかに民間人と違い、政治家は目に見える、見えないガードがあるかを如実に示している。
高々数百万の収賄で大騒ぎだが、政治資金の名目で薄く広く、はるかに疑惑に満ちた政治工作が行われているだろうことは、国民の目から見て常識であろう。全容は見えなくとも、個々の疑わしい事実は、番記者と呼ばれる張り付き記者個々は掴んでいるはずであろう。これを取り上げないのは、記者個人のモラルというよりも、報道機関と言う名の企業体
のモラル欠如そのものである(今更であるが)。時たま、疑惑の政治家のガードに綻びが見つかると、報道機関は他社の動きを横にらみしながら、最初は言葉尻を捉えられぬよう、及び腰で報道し始め、他社の追随で心強くなった時、初めて永年書き留めたノートの奥から、「古くてもあたかも入手したばかりを装ったニュース」と銘打って雪崩報道を始める。守屋前次官にはもはや何のガードもない、まして妻まで逮捕である。裁判での証言に戦々恐々の政治家は、更なる官僚工作を始めるだろう、あくまで守屋前事務官どまりの事件として。仕事人ないないものか。
編集 / 2007.11.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
セレブねえ
カテゴリ: 社会
どこかの芸能プロダクションが新人発掘の大会を開き、優勝した女の子にインタビューしていたが、賞金百万円の遣い途を聞いたら、なんて答えたと思う?「セレブ買いをしたい」
このクソガキ。未だ中学生か?そんな年端もいかない小娘がセレ・・・なんて台詞吐くなよ。この一言でこの娘、将来決まったな。恐らくプロダクションの関係者は後でこの台詞を聞いて、臍を噛んでるんではないか?人選間違った、失敗だったと、少なくとも会長、社長の見識が問われるな。
編集 / 2007.11.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
そりゃ、無理よ
カテゴリ: 政治
仙台防衛施設局の元局長が、在職中、額田副官房長官(当時)が口利きをしたと発言した事について、元局長以外全て否認した事をもって無関係と額田財務相は会見発表したが、さて誰が嘘を付いているのやら。
様々な角度から証言の真意を確認し、誰しもが納得できる確証が得られれば、額田財務相の無実が証明されるのだが。
何故、元局長はそんな発言をしたのか。売名か、虚言癖かそうでなければ正義感からか。考えてみると元局長は発言により何のメリットもないのだが(売名か、虚言癖で無いと仮定した場合)。
一方、元局長以外の当時の関係者はというと、元局長に報告した元部下は今では責任者の立場にあり、公務員である。関係業者は先々の商売を考えると、滅多な事は言えない立場。要するに、元局長以外の関係者は全て現役なのである。であれば、余程の硬骨漢で無い限り公務員の立場で、時の財務相に楯突く訳にもいくまい。業者は自分の首を絞める証言をするわけも無く、額田財務相が関係者は元局長以外全て否定していると他人の口を借りて我が無実を主張するが、どうやら無理があるんじゃないのかね。刑事裁判だって利害関係者の証言は疑って掛かる物だが政治家は何でもありらしい。あんたこそ虚言癖が有るんじゃないのかい?
編集 / 2007.11.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ミシュランガイドブック
カテゴリ: 社会
出るべくして出たという感じだが、TVのワイドショウは早速飛びついたな。「へっ お高くとまりやがって」「関係ない」「成り上がり」様々な反応があるだろうが、縁の無い私にとって、どうでも良いんだが、それでも素直に喜んで良いんじゃないか?食は文化の一形態でもあるし、それなりの歴史と権威のあると称する機関が認めたんだから。
ところで、下世話な話だが、詐欺師にとりまたまた絶好のタネが出来たんじゃないのかな。ミシュランの調査員は秘密のベールに包まれているし、どんな人物かは一切判らない、隠密であろう。料理店にとってもある意味脅威でもあり、今回選ばれた店も無印の店も気に成るだろうなあ。評価を落としたくなかったら余計気を遣うだろうし、客にとり悪くはない。問題は星にこだわり始める店の対応だろう。恐らく調査員は普通に食事し店を出た後で、詳細なレポートをこっそり纏めるんだろうが、恐らくこんな詐欺師が現われるんじゃないかな?食事した後さりげなくメモを採る、思わせぶりな態度、これを店側は勝手に推測し、それに詐欺師は付け込む。余りにも見え透いてるか?ま、ミシュランに全く縁の無い、ニラレバいため定食をご馳走と考える下司の勘繰りか。
編集 / 2007.11.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
有識者?
カテゴリ: 政治
政府が事の複雑さを憂慮した時、立ち上げる諮問機関に「有識者会議」なるものがある。政府から命題を受け、諮問するのが会議の性格かと思うが、かつて○○有識者会議なるもので、国民にとりメリットのある結論を諮問した会議はあったっけ。わずかに中曽根内閣時代?の土光臨調しかなかったのでは?風見鶏と言われた中曽根氏が優秀なスタッフの助言と侍ともいえる土光氏の威光でそれなりの成果を生んだと記憶しているが。さて、有識者云々の有識とは果たして知識充分な人間を意味しているのか、はたまた国家目標に対する明確な意識を有した人物を意味しているのかこの両者、似て非なるものと思うがどうだろう。
曖昧な、どっちにも取れる諮問で事たれりとする輩と、国民の批判覚悟で意思を示す侍とあると考えるが、最近は兎角おもねる会議ばかりの気がするのだが、偏見だろうか。
編集 / 2007.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
其処まで居直るか
カテゴリ: 社会
高級料亭「船場吉兆」の一連の偽装問題、仕入れ担当者、納入業者の責任と、近年まれに見る「居直り」に唖然とさせられている。確かに実務は現場がやるだろうが、ここで疑問は二つ。
1.現場にそんなに責任を任せていたのか?
2.老舗中の老舗と取引をするメリットの大きさを充分認識していたはず 取引業者がそんなインチキを続けられるか?
二つとも普通に考えれば世間の答えは自ずと明らかだろう。
其処までして必死になる船場吉兆に、将来は無い。それこそ廃業だろうな。それにしても、ブランドだけを信用し、味、食感に疑問を感じない顧客のいい加減さ、笑ってしまう。
編集 / 2007.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
有名無名
カテゴリ: 社会
世の習いと言えばそれまでだが、愚息の覚せい剤騒ぎで女優の母親がマスコミ、特にTVの格好の取材対象に晒されている。
親掛かりの愚息といえども、成人だぜ?親が犯行を助長するような振る舞いに及んでいたならば、糾弾の対象も止むを得ないが、そうじゃないだろう。マスコミの攻勢から逃れられない立場の所謂有名人故に、辛いものがあるだろう。身内のしかも血を分けた子供の不祥事を何故、親が記者会見までして説明しなきゃならないんだ?またレポーターの質問も酷だよ。結果から追っかければ、何でも言えるよ。しかし明らかに親の責任を問われて然るべき様々な未成年の犯罪、無名故に、マスコミは追いかけない。これこそ人権問題ではないのかい?
編集 / 2007.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
介護職員の待遇
カテゴリ: 政治
読売新聞
14日の「論点」に西九州大学客員教授・坂田期雄氏が悲惨な介護職員の待遇について寄稿している。
介護・福祉の仕事は、介護保険のスタートと同時に将来性のある職場として脚光を浴びたが、今では所謂「3K職場」として給料も待遇も仕事に見合っていないとして、離職者が相次いでいる。確かに高齢者の介護は身近に接したものからみても、激務である。単なるサラリーマンではとても勤まらない。他人のために尽すという精神がなければ就職する気は起きないだろう。だから専門学校を含む教育機関で基礎を学び、実戦する職場に配置されても、激務はある程度覚悟していても、手にした給料明細を見て、将来の人生設計に疑問を感じたならば、離職も止むを得ないだろう。教授も触れているが、介護に関わる費用は非介護者を含め税金が源泉である。小さな政府、民間活用と言えば聞こえは良いが、営利事業に介護・福祉は馴染まないのではないのか?介護事業といえども、営利事業としてみた場合、そこそこの利益、将来の事業拡大資金、事業継続のための経費を考えた場合、国からの査定厳しきお布施では勢い、職員の待遇改善は望むべくもない。昨今話題の悪質介護業者は論外としても、真っ正直に経営をするならば、どこかへしわ寄せが来るのは当然のこと。経営者も職員も霞みを喰って生きていけるわけではない。ますます増える高齢者社会に対する政府の対策は責任逃れの無策の一言に尽きるのでは?今の日本を築いてきた先輩を、体のいい、姥捨て山にするほど日本は落ちたのか?落ちたんだろうなあ、現実を見ると。
社会保険庁の出鱈目振りをみていると、行政機関の中には、まだまだ無駄飯食いの寄生虫が一杯いると下司は勘繰るし、おそらく当たっているだろう。野党の言い分ではないが、行政の全てを監督する政府だけがどれが無駄飯の部類か判っている筈。外野でいくら騒いだって野党の能力は知れたもの。時たまの内部告発で、重箱の隅を突っつく不正発掘ではおぼつかない。既得権を暴くというのは、骨の折れる仕事。限られた期間でいいから、「仕事人」が出てこないものか?
将来の人生設計に望みがもてる待遇改善がなければ、日本は総姥捨て山列島になるだろう、しかもこれを読んでいる貴方自身も当事者に。
編集 / 2007.11.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
無いものねだりしたって
カテゴリ: 政治
朝鮮日報の鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員が時々寄せるコラムに関心があり、度々取り上げているが、「もし韓国に坂本竜馬がいたなら」には同情するよ。時々「ん??」もあるが、韓国人でありながら割りと冷静に物事を分析し、公平な見方には好感を覚える。
今回のコメントは幕末に活躍した坂本竜馬を取り上げ、剣を振り上げての英雄ではなく、あくまで歴史の黒子に徹した生涯に感嘆している。
整形大統領の言う、「バランサー」の先駆者であり、しかも誰かと違い実践者である、そりゃ、羨ましいだろうなあ。おれがおれがばかりの国と違い、己の力量を理解し、役どころを心得た人間、時代背景もあるだろうが、気質として昔の日本人が普通に持っていた常識を実行したに過ぎないのに、筆者をして「もし韓国に坂本竜馬がいたなら」と嘆かせる。ま、お気の毒であるが、貴国には無理だろう。なにしろ、先日の野球で中日に負けた韓国チームの監督、選手、マスコミがこぞって「本当は勝っていた、あのくらいの投手は韓国ではざら」と負け惜しみばっかりほざくようしゃね。
編集 / 2007.11.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
許すも許さないも
カテゴリ: 政治
MSN産経ニュース14日の記事によると
「民主党の輿石東参院議員会長は14日午前の参院議員総会で、「(新テロ対策特別措置法案の)法案審議も大事だが、防衛省ぐるみの疑惑解明が最優先だ。すぐに新法の審議にはいることは許されない」と述べ、守屋武昌前防衛事務次官と防衛専門商社との接待疑惑などの解明を優先させる考えを示した。
 輿石氏はまた、イラクで活動中の航空自衛隊を撤収させるイラク特措法廃止法案を先行審議する方針を重ねて示し、「このことをめぐって参院の党利党略、暴挙だという報道もあるが、ものには順序がある」と強調した。」

許すも許さないも物事の重要性がまるで判ってない。昔の社会党と同じではないか。党利党略のなにものでもない。
「ものには順序がある」?だから民主党の考える順序は非常識なんだって。




編集 / 2007.11.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
法律屋の世間知らず
カテゴリ: 社会
法律屋と言っても、立案、執行と様々な分野があり、本稿では立案した人間を取り上げるので、当然国会議員も入り、おそらくこれが一番の世間知らずだろうと思うし、これに対し、プロ中のプロたる機関の人間も準ずる立場かと思う。
関東学院のラグビー部員による大麻不法栽培、吸引の事件。又聞きながら、大麻のタネを所持する事は法律違反では無いという。本当かね?
問題は発芽させる所から法規制の範疇になるのだという。なんかおかしくないかね。植物の種は条件さえ合えば発芽させる事は十分可能であり、世間知らずで好奇心ばかりの人間が、手にした大麻のタネを栽培したいと考えるのはそんなに異常なこととは思えない。ま、もっとも普通の順法精神と常識があれば、理性が勝るものではあるが。例えが適切かどうか知らないが、武器、例えば分解しバラバラの状態でのピストルを所持していれば、恐らく刑法に引っかかるだろう。発芽さえしなかったらと、組み立てさえしなかったらの理屈に差は有るんだろうか。双方とも完成すれば、立派な法律違反ではあるのだが。
編集 / 2007.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
そこまですがりたいか?
カテゴリ: 社会
韓国人の日本に対する感情は理解しがたいものがあるのは、常日頃見聞きしているが、北野武が韓国系文化人と韓国マスコミが報じるとは、気の毒になる。なに、北野武に対してではなく、韓国に対してだが。
実母が再婚前、義理の母親(韓国人)の面倒をみていた事がまわり回って、韓国の血を引くとなったのが真実だが、調べればわかる事。
そこまでして朝鮮民族の優位性を主張したい気持ちが判らん。もっとも日本人は列島で自然発生的に生まれたわけではない。北方、南方様々な民族の混血として成り立ってきた訳で、朝鮮系の血が混じっていたって極めて普通のことだろう。民族に優劣は無い、生まれ育ちが特有の文化の中で育まれたものであり、出自に対して意味はないのが彼の地の人には理解できないらしい。其処まで劣等意識に苛まれる朝鮮民族は哀れだと思う。
編集 / 2007.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
舌は肥えてる?
カテゴリ: 社会
有名、無名を問わず、食品の偽造、偽装が相次いで発覚しているが、例えばブロイラーと地鶏の場合、内部告発で発覚するまでは、生産者を除き、消費者から疑念の声が挙がっていたとは寡聞にして知らない。
様々な加工法があるのだろうが、消費者が思い込みで本物の味だと認識していたとすれば、ブランド志向のいい加減さと、それに便乗した業者、どっちもどどっちと言う気がしないでもない。
編集 / 2007.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
10年いや100年早い
カテゴリ: 政治
公党の代表に対し、大変失礼な言い方をした、すまん、50年としておこう。民主党の小沢代表の国会出席率に対し、身内から批判が起こった事に対し、本人曰く「いや、重要法案の時は出席している、そもそも閣僚は毎回出席しているか?政党は選挙に勝つ事が第一義的であり、そのため地方出張が多く、なんら問題とはならない」よく言うよ。何様のつもりかね。先の参議院選挙で、民主党は「生活第一主義」をスローガンにしなかったっけ。国会審議にかけられる法案は外交案件から、国民生活に必須の法案等多岐にわたる。何処に価値観を置くか、政治家個々の考えがあろうが、少なくとも国民が必要としている行政の指針、しばりの必要性から提出された法案であり、重要性に変わりない。確かに国民にとり余計な負担を強いる法案も多々あることは事実だが、議会制民主主義においては、仕方のないことであり、不満があれば、かったるい手続きではあるが、選挙で意思表示するしかない。小沢代表のカメラの面前でのこの問題に対する答え方の表情から推測すれば、俺はぺいぺいの陣笠議員とは違うんだの態度がありあり。連立問題では頭を下げたが
単に重力に従って頭部が下を向いたに過ぎないことがこれではっきりしたのではないか?しかしこの男にすがり付き、代表の座を依頼した民主党の見識には多いに問題がある。
編集 / 2007.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
恥をさらしてまでも
カテゴリ: 政治
政党の党首は公人である。
公人である人間の口から出る言葉は、感情の発露による戯言と言えども
責任が伴う。しかし、小沢代表は「恥をさらすようだが」の前置きと共に辞任の意思を撤回した。なにおかいわんや。
健全な議会制民主主義の構築とか、二大政党制とかもっともらしい事をさも真意のごとくのたまっているが、なに、単なる権力志向であることは普通に考えれば判ること。
それにしても、政権運営能力に問題があると公言した人間をまたまた代表に担ぎ上げるとは、やはり民主党は政権運営能力に問題があることを証明したようなもの。
編集 / 2007.11.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
やっぱり壊しやかな
カテゴリ: 政治
民主党の小沢代表辞任のニュース。慌てたのは民主党の幹部の面々。
説得にあたると言うが、記者会見で自党の政権能力にあそこまで言った人間が翻意するわけ無いじゃないか。
小沢議員は嫌いだが、政治家は政権を担ってナンボと考えるならば、ある意味、見事というべきか。それにしても、観念論ばかりの民主党の面々、小沢氏から見れば、子供に見えてしょうがないのだろう。
参議院の勢いを来る衆議院でもと考える民主党の甘さ。日々様々な不満があるにしろ、生命と生活に危機感を抱かせるほどの失態を自民党は犯した訳ではない。醜態だらけの自民党と、国民をミスリードしたマスコミに乗っただけの話であり、振り子の原理と国民のバランス感覚からいえば、与党の大勝利は無くとも、与党が下野するほどのことはないだろう。軒下を借りて、じわりじわりと政権中枢に近づくチャンスを民主党は失ったなこれで。
編集 / 2007.11.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
未だいたんだ
カテゴリ: 社会
暑い夏も過ぎ、木々も冬支度。そんな11月の今日、アブラゼミがいた。
当然、亡骸と思い触ったら動いたのにはびっくり。生きている。鳴きはしないし、動きも緩慢であるが確かに生きている。ツツジが狂い咲きするし、おかしな今年。
編集 / 2007.11.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。