スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
何様のつもり?
カテゴリ: 政治
自民党の大敗を受けて、愚民ばかりと書き込む輩がいるが、ちょっと待てよ。
確かに、貴方の考えとは違うだろう、浅墓でもあろう、風に流されなびいたのも確か。
しかし、それをもって愚民呼ばわりは言い過ぎだろう。そう言う貴方にしても見方によっては浅墓かもしれないじゃないか。考えても見ろよ。日本の立ち位置は自由主義陣営だろう?特亜三国と距離を持って付き合った結果が今の日本じゃないか。その恩恵を大多数の日本人は体感としてわかっているはず。それを捨てて、友愛の名の下に特亜三国に近づこうなんて、今回民主党に投票した人間が許すわけはない。民主党が良くて投票したというよりも、あまりの自民党のだらしなさに愛想をつかしたのが主な原因であろう。であれば、時間は多少かかるが、挽回できるぜ。そのためには、自民党が変わらなきゃな。
スポンサーサイト
編集 / 2009.08.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメントあるかな?
カテゴリ: 政治
今は、それどこじゃないか。しかし、中国の空母建造問題、国内の平和愛好団体、善良なる市民団体、民主党、社民党、マスコミ、これら何にも言わないんじゃないだろうな。あれだけ、佐世保、横須賀に空母寄港で大騒ぎしてきたんだから。まさか、中国の空母は平和のシンボルなんて言うんじゃないだろうな。
編集 / 2009.08.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
この体たらく
カテゴリ: 政治
政治体制維持なのか、自らの身分継続が目的なのか、どいつも、こいつも血走った眼で走り回っている。
走り去った後塵の中に、思い詰めた人間がとぼとぼと歩く、一人で、又は車椅子を押しながら。
そして絶望のなかで、自死したり、わが子の首を絞める。こんなことが、よくある風景であってはなるまい。絶望の果てが死ではやりきれない。政治屋よ、その血走った目では何も見えまい。自分の足元すら見えまい。しかし口では世迷言を叫びながら、後ろを見返ることもなく。もし、振り返るだけの情けがあるなら、最初から政治屋にはなるまい。
「マッチ擦る つかのま海に 霧ふかし 身捨つるほどの 祖国はありや」
寺山修司はどんな気持ちでこの歌を詠んだのか。
編集 / 2009.08.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
歓喜・・・・・一瞬
カテゴリ: 政治
発射、上昇中、軌道到達、マンセー・・・・・・いや、一部のみ成功。
なんとも気の毒というか、滑稽というか。
さあこれから始まるのは責任のなすりあいか。
がっかりするな、日本だって散々失敗重ねてきたんだから。
ただし、日本の場合、全て自力開発なんで、事後のシュミレーションがみっちりでき、検証可能だったんだが、果たして韓国は・・・・。ロシアに文句言うか、それとも日帝残滓の影響とでもするか。
編集 / 2009.08.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
衆愚政治が始まるのか
カテゴリ: 政治
兎角批判の対象になる官僚、彼らははたして本当に愚鈍なんだろうか。
鳩山代表は盛んに、官僚主導から政治主導へと念仏を唱えているんだが、出来るわけ無いだろうに。国家の運営を目標に国家公務員になった人間と、政治屋にしかなれなかった人間、最初から勝負ついてるわい。確かに彼等官僚は時に、セクショナリズムで大局観を失う例も多々あるが、それでも、戦後60数年役どころをこなしてきたことは事実として認めなければ。政治主導のもと、ど素人が知ったかぶりで音頭をとった日にゃ目も当てられないだろ。
この付けは高いものにつくだろう、高い高い授業料を払って、こんな筈ではと、後悔するか?
編集 / 2009.08.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
擦り寄り
カテゴリ: 政治
自らの都合で相手を無視したり、そうかといえば、擦り寄ったり。
普通こんな人間が一番嫌われるものだが、北朝鮮は意にもかけず、韓国に擦り寄っている。
よせばいいのに、北の政策変更かと早とちりする韓国も韓国。なに、本心は韓国に非ず。折角捕まえた人質を返したものの、期待したアメリカの態度は変わらない。そこで当面の無心の相手を韓国にし、片方ではこそこそとアメリカの様子伺い。アメリカが振り向けば、とたんに韓国非難の開始。
いつものパターンじゃないか。民族の自尊心もなにもあったものじゃない。強盛大国?漢字違いだだろう、ハングルばかりつかってるから。強盗大国、虚勢大国の間違いだろう。
編集 / 2009.08.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
テンション民族
カテゴリ: 政治
記憶というものはいい加減なところがあり、後で意味づけし、あたかもその当時の記憶として残ることが多々ある。恐らく表題の「テンション民族」も小学校の担任がなにかのおりに、発した言葉なんだが、その時の説明では日本人は外国人からみて非常にテンションが高い民族である。テンションそのものの意味は、緊張しがちな性質、一気呵成に動く特徴と説明された記憶がある。
周りをみても、子供の世界、いや、家の周辺の大人をみてもそんな気配を感じることはなく、あやふやなまま忘却の彼方に・・・・だったが、このたびの衆議院選挙の模様をみると、緊張云々はともかく
一気呵成の意味が良く判る。振り返ってみれば、安保闘争、学園騒動、戦後の様々な騒ぎも過ぎてみれば、あれはなんだったんだろうと思う。
選挙分析で無党派層がどうのこうのと知ったかぶりの評論家は弁舌を垂れるが、なんのことはない、昔からの国民性ではないかと。ということは、民主党旋風も永くはないと言う事か。
編集 / 2009.08.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
判断ミス
カテゴリ: 政治
田中真紀子氏が夫を道ずれに民主党に入った。誠に、ご同慶のいたり。
鳩山代表はその知名度を利用したいのだろうが、果たして、効果はあるのかな。単なる根性曲がりの下品なおばさんを抱え込むというのはどんな計算なのか。知性の欠片もない女だが、地元ではそれなりの贔屓筋がいるのだろうが、角栄なきあと、越山会も消滅し、ただただ、角栄の娘の知名度も
年と共に薄れているのに。おそらく双方の判断ミスで後悔することになるだろう。
編集 / 2009.08.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
どこの国の人間だ?
カテゴリ: 政治
暫く、書く気がしなかった。
しかし、民主党の岡田幹事長、一体どこの国の人間なんだ?
戦勝国が日本の戦争遂行の責任者を戦争犯罪人と呼ぶのも癪にさわるが、よりによって、日本国籍を有し、公党の要職にある人間が、まちがっても口にすべきものではないだろう。
時代のマスコミはどうしたのか?知らないわけではあるまい。又一般国民も軽重はあるがそれなりの支持があればこそ、問題解決の一手段として戦争を選んだわけだろうに。現実をしらないこんな輩がたむろする民主党が政権の座に着く?悪夢である。
編集 / 2009.08.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。