ムダの効用
カテゴリ: 政治
民主党の見解では、前政権の関わった政策に投じた予算はムダだらけらしい。
本当のムダとは何だろうか。それこそドブに札束を捨てることは本当のムダだろうが、天下り機構に投入する予算は全てムダの一くくりで語られるが、そうか?
月に数日の出勤でも一般の国民からみれば、かなりの高給が支払われている実態が、マスコミに時々登板するが、感情論を抜きで考えると、あれは全てがムダかね?
そうじゃないだろう?金は天下の廻り物というではないか。高給取りはそれなりに消費しているのではないのかね。質素な食事、切り詰めた生活費、残りは全て箪笥貯金、こんな奴、いるのかね。
それこそ、貯金したり、国債買ったり、様々な金融商品を購入しているのではないのか?でああれば、箪笥貯金以外は、そこそこ天下の廻り物の一員になっているのでは?民主党の政策は生活困窮者が豊かな消費社会へ貢献するというよりも、それこそ箪笥貯金へ廻る方向になるのでは?
人間、普通の考えからすれば、耐乏生活者がそこそこの金子を得ても、過去の苦しみのトラウマから今まで出来なかった貯蓄へまっしぐらの気がするんだが。
スポンサーサイト
編集 / 2009.10.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
話せば判る?
カテゴリ: 政治
刀柄を握った二の腕には青筋がくっきり。外交という戦場で、相手の腕の様子から、いかに相手が構えているか、本気かわかるものだが、民主党政権は、友愛の名の下、全て誠意を持って臨めば、相手にも意が通じるものと本気で信じているようだ。
傾きつつあるアメリカといえども、身に降りかかる災難の元は断ち切ろうと必死である。それを知ってか知らずか、日本の青臭い首相、外務大臣は、国家間の信義を意図も簡単に、自らの政治信条だけを楯に切ろうとしている。歴史を知らないリーダーもどきに引っ張られる国民はたまったもんじゃない。
沖縄問題はお互いの国益、国力バランスの狭間で、最大公約数を導き出した結果に過ぎない。
おそらく沖縄問題は、過去の歴史を理解し、己が持つ国力を充分理解しなければ、妥協点は見つからない。その妥協点が不満であるならば、民主党政府として国民に安全保障政策を懇切丁寧に説明すべきであろう。但し、その際は情緒的な言葉遣いは一切排除し、事実の上にたち、これからとる国策の長所、短所を性格にのべることであろう。
編集 / 2009.10.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
無知の平成維新
カテゴリ: 政治
無血(むけつ?むち?)の平成維新・・・何を気取ってるやら。
準備不足とは言わせない、慣れてないともいわせない、まして、なんせ初めてなもんでともいわせない。要は物を知らない、無恥、無知、無智の集団じゃないか。
前の政府の負の遺産など言うなよ?
編集 / 2009.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
水に落ちた犬
カテゴリ: 社会
もういい加減、さらし者扱いはやめたらどうだ?
本人の犯した罪が子供、身内、仕事関係者全てに迷惑をかけたことは確か。いくら口でしおらしく悔悟の弁を述べたところで、信頼が回復するものでもない。しかし罪状で問われているのは覚せい剤取締法違反だけである。だけといっても、著名人故に、影響力の大きさを考えれば、厳罰を科すのも致し方ないが、それでも覚せい剤取締法違反だけである。誰も殺していないし、それだけである。
しかし、マスコミは本件に関しては異常なほどヒステリックである。まるで何かから目を逸らさせるように。一方合成麻薬使用で死人まで出しているもう一方の事件は何故かあやふやなまま。なんだこれは?まるで麻生元首相のどうでもいい、言い間違いをことさらぶれたと揶揄し足を引っ張り続けた癖に、国政の方針を度々変える「鳩左ぶれ」は見て見ぬ振りと同じではないか。
編集 / 2009.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
義務教育
カテゴリ: 社会
日本はいつから高校までが義務教育になったのかね。寡聞にして知らなかったな。
冗談はさて置き、私立を含む高校まで授業料を国が負担するなど、バカなバラマキの動きがあるが、
なにをトチ狂ってるのかね民主党は。俗に言う、読み、書き、そろばんが出来れば世の中渡れるんだが。みんながみんな高校へ行く必要があるのか?ごく一部を除き、学歴と仕事能力は無関係であり、本人のヤル気の問題であることは、とっくに実証済みであろう。高校を出ていても今はそのヤル気のなさが問題の本質じゃないのかね。勉学に励みたい、しかし経済的負担が・・・という環境にいる生徒には、奨学金制度を充実させれば済む話じゃないか。ゆとり教育とおなじで、この国は若者を堕情にさせ、未来を見させないことが教育方針なのか?
編集 / 2009.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
事の重大さ
カテゴリ: 政治
民主党政府が発足し一ヶ月がたとうとしているのに、国会も開かれず、いたずらに表向き官僚外しの動きばかりの報道。果ては、事務所経費の違法性など既に明らかな事犯があたかも、スクープの如く報じられ、マスコミは民主党にも容赦しないとばかりのポーズ。しかし、重要閣僚が次々と無知をさらけだし、中でも岡田外務大臣の天皇陛下が国会開会で述べられるお言葉に対する批判はいくらとり繕っても、憲法を無視した重大な発言なのに、日刊紙は片隅で伝えるだけ。
この岡田発言、釈明の中身を見ても、物を知らないか、あえて挑発したか、更迭に値する世迷言であるのに、この扱い。日本が自らの意志で原爆を持つと宣言すると同等の重大さを何故、マスコミは無視するのか、さてはあまりの重大さに無かった事にしようとの思惑か。
マスコミが持ち上げて発足した民主党政権、足を引っ張りたくないか、その逃げ腰は世論操作と言われても反論できまい。果たして自民党はこの驕り高ぶった道化師を攻め切れるのか?論客はいるのか?自民党の反撃力のなさが露呈した場合、国民の失望感が何処に向かうか、想像してみろ。
編集 / 2009.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
VOYAGER
カテゴリ: 社会
たまには、日常のチマチマした愚痴を離れて。
オリオン座流星群、目を凝らして見ていたが、残念。
地球に居る我々から見ると、流星はあたかも地球に落ちてくる様に見えるが、実は半分は本当であとは、地球が流星の元である塵の中に高速で突っ込んでいるらしい。
地球は太陽系に属し、その太陽系も巨大な渦巻き銀河系の腕の中に過ぎず、その銀河系もアンドロメダ銀河、大マゼラン雲、小マゼラン雲からなる局部銀河群の一部に過ぎない。しかもこの局部銀河群も、おとめ座超銀河団に向かって運動していると考えられています(この辺はブログ「木走日記」さんから借用)。つまり、宇宙膨張論の中で、全てが一つ所に留まらず、運動している訳で、地球の運行先には様々な障害物がある訳で、その一つが彗星が撒き散らした塵であり、地球の大気に接触し、燃え尽きるのが流星である。
我々は遥か昔から、そして未来永劫VOYAGER(航海者)であり、これからも様々な障害物に衝突を繰り返しながら、遥か宇宙の彼方まで永遠の航海を続けるのだろう。このなにもない宇宙で、たまさかの衝突の一つである流星群、まして人間の生活の一部での衝突など、物の数でもあるまい。
編集 / 2009.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
なにがつつましいだ
カテゴリ: 政治
やはり、政治は金になるというか、金持ちが政治家になるというか。
閣僚の資産公開が様々な制約のもと公開されているが、おしなべて言えることは、金があるな
ということ。なにが国民の目線だ、庶民感覚だ、自らは、たかみに居て、来月はどうしようかと頭の半分を占める不安感でくらしている国民とは無縁の身分だということ。
おそらく、口にする物を店先で見ながら財布の中身を想像し躊躇するなぞ、なかっただろう。そう言えば、「これは昼食には贅沢だと考えることもたびたび」と反論がありそうだが、その昼食代が最低限に絞れば、何日食いつなげるかなど想像外だろう。
栄養もなにもない、ただ少しでも空腹感を誤魔化せればとの感覚は、人間性をかなり貧相にするが、武士は喰わねど高楊枝と意識が高揚することもある。
世の争いごとは所詮、胃の腑の問題と看破した先覚者がいたが、これは真実だろう。
編集 / 2009.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
脱欧入亜
カテゴリ: 政治
民主党政権の無定見ぶりがますます露わになりつつある。
岡田外相の米国外しを含む東アジア共同体なる妄想の理念に続々と批判が起こるなか、遂に政府首脳からアメリカも参加への声が出始めた。国連演説で高揚した口調で共同体設立を唱えたはいいが、はかばかしい反応はなく、思惑はずれにどぎまぎが今の民主党か。
大体、今、中国にアメリカと事を構える余裕はない、裏で着々と工作し、アメリカが身動きできない状態になるまで、表立った賛意を示すはずはないではないか。そういう現状分析もできず、ただ、ただ相手に「友愛」なる言葉を示せば、理解が得られるとの甘さ。国家というのは無機質である。この無機質なる固まりが行動するのは自分に危険がおよばないか、生存が脅かされないかその一点のみ。そこには情はない。
編集 / 2009.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
悲しき性(さが)
カテゴリ: 社会
夫婦愛の格好の話題として、妻を看病し、このほど亡くした某俳優がマスコミに大々的に取り上げられているのだが、軽すぎないか?
痴呆、介護、今話題の語句を含み極めて、時局的な話題としてマスコミは作り易く、且つ主人公は誰しも知る芸能人。
複雑な人間模様から視聴者が飛びつきやすい話題のみをピックアップし、記事に仕立て上げるその手際のよさ、ある意味天晴れでもある。
身内の死、これは他人の伺いしれない悲しみをマスコミは見事に美談に仕立てる。様々な葛藤のなかでもがいている人間とその悲しみを商品に仕立て上げる、そして見ようによっては、便乗しているかのような主人公。
せめて、死だけは商売のネタにして欲しくない。
それでは死者があまりにも可哀想ではないか。違うか?
編集 / 2009.10.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
図に乗りやがって
カテゴリ: 政治
物事には限度というものがある。言ってはいけないことがある。
それが礼儀というものであろう。
それを、あの岡田が言いもいったり。
簡単に表現すれば
「また、何時もの台詞かよ、聞き飽きたよ、もっと気が利いた台詞はないのかよ」
であろう。
象徴の立場に居られる天皇陛下に対し、なんていい草だ。昔だったら不敬罪ものだろう。
仮に天皇陛下のお立場で、ご自分のご意志として、民主党政権に対し、批判めいた事をご発言されたら、岡田は何と言う?畏まるかね?そうじゃないだろう、立場をわきまえろ、国民の意思に反対するのかと、喚くのは目に見えている。
天皇陛下がご自分の意見をご発言されたら、おそらく日本は収拾がつかなくなるだろう。それを民主党はのぞんでるのか?
編集 / 2009.10.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
諦めるな
カテゴリ: 社会
苦しかったんだろうなあ、安易に同情はしたくないが。
加藤和彦。
再結成のサディステック・ミカ・バンドに期待していただけに残念。
62歳、難しい歳でもあるな、気持ちは40代、肉体は確実に実年齢。
やることが無くなった?
なんか引っかかるなあ。
生きる事を目標にするには、格好悪かったんだろうか。
編集 / 2009.10.17 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
良く言うよ
カテゴリ: 政治
マスコミが伝える民主党政権。
予算概略、100兆円に迫ろうとの報道のなかで、及び腰ながら様々な論調が立ち始めた。
先ず目立つのが、鳥越はじめ民主党マンセー派が言う、「前政権の予算をいじくるのだから時間もなく、仕方ない。全くのゼロベースならこんなことにはならない」
次に目につくのが「マニュフェストの実現のためにはしかたない」
冗談ではない!!
自分達が勝手にバラマキを公約に掲げ、その実現のため積み上げた出鱈目を前政権のせいにするとは。ここにきて赤字国債発行を盛んに言い始めたが、たしか自民党政府の赤字国債発行を亡国の政策として激しく攻撃してきたんじゃないのかね。二枚舌もいいとこ。
逆に、ベースとなる前政権の予算が如何に国民にとり、必要不可欠であったか、今更ながら思い知ったのではないのか?
編集 / 2009.10.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
しがらみ
カテゴリ: 政治
おっと、危なく「しらがみ」と書くところだった。
しがらみがなければ、何でもやれるのかね?前政府の約束なんか知るもんか?流血?
知るか!!! 俺には関係ない。地元の意向?関係ない、我が「マニュフェスト」に書いちゃったから、実行するだけ。
ま、なんだな、民主党を支持した有権者の皆様方、今頃、臍を噛んでるのだろうが、これが民主党のいう「友愛」だということが判ったかな?(少し遅いが)
成田空港建設に賛成、反対双方とも複雑な気分じゃないのかね。反対はしたが、結局世の流れに従い、諦めた人、賛成はしたが、はかばかしい発展もなく、期待外れの人、どちらも泣くに泣けない状況だろう。
優柔不断、決断の遅さ、様々負の要因を抱え込んだまま自爆した自民党。
しかし、それなりに周囲に気を遣いながら政策を実行した自民党こそ日本らしさの見本だろう。今の民主党の様々な痴態は北京オリンピック開催に民意もなにも、全て国家の都合だけで事を進めた中国とそっくりじゃないか。それでも民主党支持を続けるのかね?地方の人々よ。
編集 / 2009.10.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
常識人発見
カテゴリ: 政治
韓国にも常識人、居るんだな。
中央日報でソウル大・人類学科の金光億(キム・クァンオク)教授が政府が主導する韓国料理のグローバル化について、「議論のレベルが初歩的」と苦言。
要は文化の一環として広しめるもので、料理そのものだけで、グローバル化など愚の骨頂というわけ。これ極めて常識。例えとして日本の和食のグローバル化をとりあげ、日本文化の広まりと共に日本への関心が高まり、それにより和食が賞賛されるようになったと、冷静に現状を認識している。
従って、韓国も先ずは韓国の持つ文化を広げるべきと主張。
ただ、問題は果たして世界の人に韓国人が思う文化なるものが、理解されるかどうかだと思う。海の名称、島の帰属ばかりをヒステリックに叫ぶばかりではなあ。
はたまた、世界に散らばる韓国人がその土地土地のコミュニティと上手く融合できない現状から考えても、ますます困難に思えるんだが、どんなもんかね。
編集 / 2009.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
扇動者は居るのか?
カテゴリ: 政治
夏のオリンピック開催に広島、長崎が突如浮上、これは一体。
東京が落選し、これからどうしようかという時に、よりによって被爆都市がなあ。
招致にかかる予算、莫大な設備費、一体両市に金はあるのかねと聴いてみたい。はなから国の支援を計算しているのでは?平和だの、戦争反対だの響きの良い言葉に踊らされ、誰も反論できない雰囲気のなかで、果たして冷静な判断が可能だろうか。それよりも、今回の総選挙みたいに、本質的な議論よりも雰囲気だけで物事が進行するような気がしてしょうがないんだが。
ところで、アウシュビッツでオリンピック開催なんて聞いたことあるか?
編集 / 2009.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
下司の勘繰り
カテゴリ: 政治
あえて、下司の勘繰りを。
アフガニスタン紛争で、現在日本が活動している給油活動を中止し、民生分野での支援に転換すべく、民主党政権は動いているが、果たして、正解だろうか。
過去、日本は紛争地帯に人員を派遣するのを、極力避けてきた。なにしろ、「人命は地球より重し」なんて綺麗ごとを唱える国だから。かってNPO参加の日本人が幾度となく難に見舞われ、命を落とし、そのたび、マスコミは大騒ぎ。下手すりゃ、政権運営に重大な支障を来たす事はみえみえで、自民党政権は、無い知恵をしぼり、国際貢献の御旗をかかげ、人命を危険にさらすことない方法として給油活動を選択したのではなかったか?
民主党は真の支援はアフガニスタンで興廃した地域の国民を助けることこそが、日本の役割と力説するが、本気かね。
完全に治安が回復した地域に様々な支援活動を行うことは可能だが、行方もわからない現状で可能であろうか。敵は、一番弱い鎖を断ち切り、西側の復興計画を妨害する事に、血眼になるのではないのか?そこで目をつけられるのが、腰の定まらない日本であろう。
民間人の複数が災難に合った場合、国民世論がそれでも支援活動を支持するだろうか?はなはだ疑問。敵にとり、のこのこ乗り込んでくる民間人は正にとんで火に入る虫みたいなものであろう。
それともなにかね、民主党は平和という大儀のためには、人命の一つや二つは止むを得ないとでも考えているのだろうか。腰を据えて覚悟の上の政策ならともかく、及び腰での支援かつどうは、逆に日本の国益を損なうことになるだろう。
編集 / 2009.10.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
パニクルとこうなる見本
カテゴリ: 政治
実に判りやすい民主党の対応力。
威勢のいい掛け声で船出したはいいんだが、港を出るか出ないかのうちに、操舵輪の扱いが判らない、エンジンの調子も悪く、あちこちのボタンを押してみたが、効果があったのか、無いのかさっぱりわからん。あれが駄目なら、これ、これが駄目ならあれと、相当パニクッテ居るのが見え見え。
その精神状態よーーーく判るよ経験者として。
その対処方法あるんだが、教えない・・・・・・・・。
とにかく、身の程知らずに、闇雲に手を突っ込んだということに尽きる。
野党自民党と官僚に相談するんだな、面子をかなぐり捨てて。しかし、無理だろうな、そんな恥さらしなことは。ここで怖いのは、虚仮の一念で、間違った方向に意地だけで突っ走ること、まわりが見えない状況で、目先の狭いチンケナ約束ごとに縛られ、これがまた悪の循環にはまること。
我が身に降りかかること必定ではあるが、民主党の野垂れ死にを待つしかないのかもしれない。
編集 / 2009.10.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
昔を思い出したよ
カテゴリ: 政治
亀井大臣の諸々の発言、大向こうを狙ったものなのか、撒き餌さなのか判然としないが、経団連の会長に対し、内部留保を出せと迫るあたり、あれっ、亀井大臣は共産党かねと錯覚を覚えた。
と言うのは、春闘華やかなころ、景気動向を理由に回答を渋る経営者に対し、会社の正門近辺で日本共産党の支持者が配るアジビラはまさに内部留保の取り崩しを迫るものばかりであった。
どこから出してくるのか、年々、これだけの内部留保を積み上げられ、その数パーセントを出すだけでも満額回答可能の論調。多くの組合員は相手にもしなかったが、今回の亀井大臣の主張、今選挙で民主党に投じた支持者には歓迎されるのではないか?
編集 / 2009.10.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
正気か?
カテゴリ: 政治
いずれバカなことを言うんだろうなと、期待していたら、やっぱりなあ。
岡田外務大臣が特亜に日本をあわせ「共通教科書」だと。
何を考えているのか、いや考えていないんだろう。妄想を口走るとは。
生まれも育ちも違い同じ人類だと言う事だけが共通項なのに、教科書を共通とは。
共産主義、一党独裁を容認するのかね、作り上げられた国民党のプロパガンダ南京虐殺を認めるのかね、軍の後をついてまわった売春婦を従軍慰安婦などと飾り立てみとめるのかね、はっきりしてもらおう。
編集 / 2009.10.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
嘘、虚仮
カテゴリ: 政治
よく言うよ、開いた口が塞がらない、何?惜しい人なくしただと?
散々TVで虚仮にしながら、絶好のTV話題とかぎつけりゃ、このざま。朝の番組で過去ものもんたが何を抜かしてきたか知ってる身にゃ、空々しいとしか言いようが無い。
人の死までも商売のネタかよ。ま、畳はおろかベットもお前等の死に際には相応しくないと言っておこう。
編集 / 2009.10.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今更ながら、無責任
カテゴリ: 政治
脱原発のデモに社民党党首として参加した、福島瑞穂消費者行政担当相も「今の政権でやれることはたくさんある。原子力政策の転換を一緒にやっていきましょう」と話した。
何寝ぼけてんだか。危険性はあるさ、だれが考えたって、原子力には。
しかし、これだけCO2削減が叫ばれ、今現在、原子力以外にあるのかい?太陽光発電?風力発電?どうやって効率よく、代替するんだね。口先だけのきれいごとに、社民党の今があるのじゃないのかね?
編集 / 2009.10.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索