スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
無理難題
カテゴリ: 政治
沈没船の話題が今だけかと思うが、様々な方向に及んでいるがその一つに、このままでは駄目だ、根本的に韓国人そのもを作り替えなければというのがある。これはとんでもないそれこそ妄想そのものだろう。自慢の偉大な歴史を誇る民族が、たかだか何百人の犠牲があったとはいえ、そのくらいで変われる方がおかしい。なんだかんだといいながら、今に至る民族だろう?日本だって大して誇れるものではないが持って生まれた気質は変えようがない。他国に歴史に学べという前に、自分で学ぶ勇気があるか?仮にあったとして、真実を知ったら生きていけないのじゃないか?無駄な足掻きはやめていつもの平常運転を続けるのが最良であろう。
スポンサーサイト
編集 / 2014.05.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
意気ごんではみたものの
カテゴリ: 政治
欧州統合の核をなすフランス、ドイツの和解問題を、朝日ごひいきの中国、日本間にも適用と目論んだのだろうがピント外れもいいところの昨夜(19日夜)の報道ステーション。世界情勢を見た上で、欧州が統合しなければアメリカには勿論、他の新興勢力にも太刀打ちできないかもとの危機感からドイツ、コール首相、フランス、ミッテラン大統領の思惑が一致し、小異を捨てて大同に付くとの決断が大元にある。又、数百年の恨みつらみがあるとはいえ、それぞれの国体の礎にはキリスト教という共通の精神的基盤があった。それを考えたとき、特亞三国には何があるだろうか、皆無であろう。それを考えもしないで、ただただ話し合えば判りあえるとのお花畑論には滑稽を通り過ぎ、薄ら寒さすらおぼえる。お題目さえ唱えていれば平和が保てるとの無責任さには慄然とするばかり。あえて日本が高見の存在とは言わないが、人類の最低限の常識さえ持ち合わせない輩とは、表面的な付き合いで十分。
編集 / 2014.05.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ジェラード
カテゴリ: 社会
デパ地下で列に並んでジェラードなるものを初めて食べた。おいしかったんだが、なんだこんなものかとも。
よく考えたら、昔々、理科だったか家庭科だったか忘れたが、試験管にコンデンスミルク他を入れ、大きめの器に雪を放り込み、かつ塩を混ぜそこに件の試験管をいれ待つ事○○分、試験管に同時に入れておいた割り箸に半分凍った固まりが今考えればジェラードじゃないかよ、ハイカラな名前に騙された。
編集 / 2014.05.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
口撃
カテゴリ: 政治
平和だよなあ、半島は。言うことは勇ましいが・・・・。なれ合いのどつき漫才かよ。次の台詞が飛び出したらどうなるかな?
百貫デブ!!!!!!
行かず後家!!!!!
編集 / 2014.05.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
言葉遊び
カテゴリ: 政治
しばし耳にするのが「議論を尽くせ」がある。なんのことはない、状況不利につき時間を稼ぎたい、そのうち状況が変わるのを待つということ。更に「前のめり」とは、どんなに左頭をひねっても有効な対抗手段をひねり出せない、そこで議論そのものを無くしてしまおうというケチな言い分。
編集 / 2014.05.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
自縄自縛
カテゴリ: 政治
またもや自民党は自縄自縛の道を選びつつある。
集団的自衛権の適用範囲をあーだこーだと理屈をこね回し、なんとか公明党の賛意を得ようとして。法案成立はあくまで手段、目的は自立した国家として主権を確立することで、自国の国益を最大限確保すること。目先の法案成立ばかり気にし、目的と手段を取り違えている。軍隊を自衛隊と呼称し、後々まで苦しんだ事を忘れたのか。かつての安保闘争のおりには、有事の際の極東の範囲に意味も無く時間をかけて。物事はすべて流動的であり、その時々に融通を効かせるものでなければならない。それを法律の条文に書いてないから実行できないでは現実はすまない。考えられるすべての状況を法律に網羅しようなんて、それを要求するのは法匪にほかならない。
編集 / 2014.05.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
臍を噛む
カテゴリ: 政治
独立した機関とはいえ、所詮理研の身内が小保方氏に断を下したが、違和感いっぱい。論文内の資料が切り貼りしただの、実験ノートが第三者の検証に耐えないものだったとか、事の枝葉のことばかり。要は小保方氏の知恵を借りて理研の総力を挙げて検証実験をし、間違いかどうかを決めるべきところ、メンツにこだわっているとしかみえない。理研を離れて小保方氏が証明をしてみせたら、理研は何と言い訳するのか。
編集 / 2014.05.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
法治主義の愚
カテゴリ: 政治
離島防衛にからめ、緊急事態対処の方法に関し、軍隊でない無法集団が侵略してきた場合の対処法が今の法律ではグレーゾーンだとか。自衛隊派遣もできない、安保条約も適用できない、そうかといって海上保安庁では力不足だと。
何を寝ぼけたことをいってるのか。主権を犯されたとき、対応するのは自衛隊をはじめとする軍事対応しかないじゃないか。なにがグレーゾーンだ、寝ぼけるな。
編集 / 2014.05.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
謝罪
カテゴリ: 社会
そもそも、自国の大統領が形式はともあれ、謝罪したことに「そんなのは謝罪ではない」と噛み付く半島人。
じゃあ、納得できる謝罪とやらの見本を見せてくれや。
こんなの相手に日韓友好?冗談じゃない今更ながら。
編集 / 2014.05.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。