振り上げた拳の行方
カテゴリ: 政治
審議不十分、これが野党の言い分。しかし野党の言う審議とは単なる反対の論陣を貼るだけ。では野党が満足する審議はありえるのか?否だろう。最後まで反対のポーズを取りたいだけだから。
編集 / 2017.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
どうなったか
カテゴリ: 政治
組織犯罪処罰法改正案が間もなく成立する。反対のための反対に終始した野党。無駄な時間と莫大な国税が浪費され、いまいましい。ところで、日米安保はじめ、与党が提案し、野党が猛反対した様々な法案、今になって「やはり野党の主張はただしかったな、反対は無理のないことだった」といった例はあったのかね。不確かな記憶であるが、かってそんな例はなかったんじゃないかな?
編集 / 2017.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
憎悪
カテゴリ: 政治
民進党の議員ってなんであんなにも意見の異なる人間に対して、憎悪を振りまくのだろう。立ち襟ネエチャン、コニシ、カンチョクト、ツジモト他にもいっぱい過ぎて書ききれないが。焦りなのか、目立ちたいのか、育ちなのか、この辺はなんとかリカ先生やらに解説してもらいたいもの。あそこまで憎々しく言うのは、本来的に欠陥があるんだろうなあ。そうでもなけりゃ、あんな党に居残るわけがない。そりゃ自民党にだって間の抜けたやつから人間味のかけらもない輩もいるが、特異な政治屋という程度で表にでる数は少ない。それにしても圧倒的に数の少ない民進党でこれだけ立て続けに名前を思い浮かべるというのはやはり、人格的におかしいのが多すぎるんだろう。これって今はやりの発達障害か?
編集 / 2017.06.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
慈悲
カテゴリ: 政治
 アジア大陸の片隅の半島では声を大に「無慈悲な懲罰」やら「無慈悲な攻撃」やら叫んでいるが、我が日本はどうだ、
巷には慈悲に溢れる輩がやたらと居るではないか。
しかも文部科学省の事務次官、自ら世の女性、子供の貧困具合を調査し、少なからずの小遣いまで施している、まさに公僕の鏡、黄綬褒章の対象にもなろうかと。さらにはその調査活動は勤務時間外の無私の行動。誰が非難できようか、現に全野党、朝日新聞を始めとする全てが絶賛しているではないか。惜しむらくは、小遣いにとどまらず、生活費全般の面倒までみてやれば完璧なんだがな。世の奥様方よ、日頃深夜帰宅、たまには朝帰りと旦那を非難するのは、とんでもない誤解ですぞ。旦那方は世の貧困女性の悲哀に同情し、生活の助けになればと少ない小遣いの中から自腹をきり、慈善を施しているのですぞ。(フーッ、疲れた)
編集 / 2017.05.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
またまた2回生かよ
カテゴリ: 政治
自民党の2回当選議員、大西何某がまたまた意味不明の発言で見出しに「がん患者は働くな」などと報じられている。手ぐすね引いて待っているマスコミの格好の餌食じゃないか。話の前後があやふやではあるが、こき下ろしたい輩に口実を与えたことは、最近目立つ自民党議員のタルミそのものではないか。マスコミ側の捏造、こじつけでなければ、議員辞職、少なくとも離党は必要だろう。
編集 / 2017.05.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shojia

Author:shojia
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
よろしかったら押して
ブログランキング
参加しています

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索